Amazonでベビー用品を常に【 15%OFF!! 】で買う方法 ≫

おくるみの大きさで使いやすいのは?120サイズ?100サイズ?

大きさで探す
とうふママ
とうふママ

この記事は下記のような疑問にお答えする内容になっています

・おくるみの大きさで使いやすいのはどれ?

・サイズごとにどんな特徴や使いやすさがあるの?

一言におくるみといっても90cm×90cm~120cm×120cmまで様々な大きさのものが販売されています。

そのため、どの大きさのおくるみを選べばいいの?と迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで、今回は使いやすい大きさのおくるみはどのサイズか、サイズごとにどんな特徴があるのか、ご説明します。

とうふちゃん
とうふちゃん

おくるみしやすさ、という1点なら1枚布タイプよりも成型済のスワドルアップやスワドルミーがおすすめです~

Amazonでベビー用品を15%OFFで買える?

ベビー用品はおむつ、粉ミルク缶などかさばる物が多いため、Amazonで購入の方も多いと思います。

しかし、Amazon側である「無料登録」をしていないと損しているのをご存知でしょうか?

とうふママ
とうふママ

え!?損してるの!?

とうふちゃん
とうふちゃん

Amazonファミリー」に無料登録すれば安いのにママは損してるです~

詳しいお得情報・特典・使い方はこちらにまとめているので、Amazonを利用する方は要チェックです!!

≫Amazonファミリーの特典・使い方

スポンサーリンク

使いやすい大きさのおくるみは?

120cm×120cmサイズが無難におすすめ

おくるみはサイズごとにそれぞれ良い点がありますが、最も無難に多くの人におすすめできるのは120cm×120cmの大判サイズのおくるみです。

詳しくは後ほど紹介しますが、理由は大きいため赤ちゃんを簡単にくるむことができるためです。

また、120サイズは販売しているメーカーが多いため柄を多くの種類から選べるのもメリットになります。

とうふママ
とうふママ

やっぱり色んな可愛い柄からおくるみは選びたいですよね

使いやすい大きさは120サイズだが、最適なサイズはそれぞれ

おくるみは120サイズがおすすめとご紹介しましたが、他のサイズのおくるみにもそれぞれメリットはあります。

そのため、迷った際は120サイズのおくるみをおすすめしますが、次項をよく読んで自分に合ったサイズのおくるみを考えてみてください。

とうふちゃん
とうふちゃん

サイズごとの紹介はここからジャンプできるです~

・120cm×120cm

・100cm×100cm

・100cm未満×100cm未満

まずは120cmサイズから詳しくご紹介します。

おくるみのサイズ①【120cm×120cm】

とうふママ
とうふママ

上記の画像が120cm×120cmのおくるみを使用しているのでご参考にどうぞ

おくるみ(120×120サイズ)の特徴

120サイズのおくるみの特徴は、取り扱っているおくるみメーカーが多いことです。

具体例を挙げると、エイデンアンドアネイ、ココムーン、ウィーゴアミーゴなどです。

具体例の中に日系企業が無いことからも分かりますが、基本的に海外のブランドおくるみがこの120cm×120cmのおくるみを販売しています。

そのため、各社が差別化のために様々な柄を販売しているため、多くの候補の中から好きな柄を探すことが可能です。

おくるみ(120×120サイズ)の使いやすさは?(メリット)

120サイズのおくるみの使いやすい点(メリット)は、大きいためどんなに赤ちゃんが動いてもくるむ際に問題無く、はだけるリスクも少ないことです。

80cm×80cmなど小さめのおくるみでは赤ちゃんがバタバタ足を動かしてしまうと上手くくるめない、少しきつめにしないとはだけてしまう、という問題があります。

また、大きさを活かして授乳ケープなどとして使うことも可能です。

とうふちゃん
とうふちゃん

120サイズの具体的なおくるみはこちらです~

次は100cmサイズのおくるみについて詳しくご紹介します。

おくるみのサイズ②【100cm×100cm】

とうふママ
とうふママ

サイズ感が分からない!という方はこちらのおくるみの画像が100cm×100cmサイズなので参考にしてください

おくるみ(100×100サイズ)の特徴

100cm×100cmのサイズのおくるみは海外有名ブランドがほぼ扱っていないため、ノーブランドの製品が多くなります。

海外ブランドで100サイズのおくるみを展開しているのはルルジョくらいです。

おくるみ(100×100サイズ)の使いやすさは?(メリット)

100cm×100cmサイズのおくるみの使いやすさ(メリット)は0~3ヶ月程度のおくるみが必要な赤ちゃんをくるむのにちょうどぴったりのサイズであることです。

120サイズのおくるみでも勿論問題なくくるめますが、少し大きいため、一部2重に巻いたり余らせてしまいます。

とうふちゃん
とうふちゃん

100サイズなら3ヶ月頃までちょうどぴったり巻けるけど120サイズほど余裕はなくなっちゃうんです~

また、赤ちゃんにおくるみを巻く、という行為のメリットではありませんが、洗濯する時にサイズ感じが大きすぎないため便利です。

特に干す際に120サイズだと広げて干すのに少し苦労することもあります。

とうふママ
とうふママ

100サイズのおくるみの具体例はこちらで紹介しています

最後は100cm未満サイズのおくるみについて詳しくご紹介します。

おくるみのサイズ③【100cm未満×100cm未満】

おくるみ(100未満×100未満サイズ)の特徴

100サイズ未満のおくるみの特徴は日系ブランド(西松屋・ユニクロ・今治タオル)やキャラクター物が多い点です。

そのため、柄の種類がこれまで紹介してきた120サイズのおくるみとは大きく異なります。

とうふちゃん
とうふちゃん

ディズニーなどキャラクターおくるみはこちらで紹介してるです~

おくるみ(100未満×100未満サイズ)の使いやすさは?(メリット)

100cm未満×100cm未満サイズのおくるみの使いやすさ(メリット)は新生児の赤ちゃんでもちょうどぴったりおくるみできる点です。

新生児の赤ちゃんに120cm×120cmのおくるみを使用するとかなり余ってしまうため、2重に巻いたりすることになります。

しかし、100cm未満サイズだと赤ちゃんが大きくなるに従いすぐにサイズアウトしてしまう可能性もあります。

長く使用したい場合は、大きめのサイズにしておくのが無難です。

とうふママ
とうふママ

100サイズのおくるみの具定例はこちらでご紹介しています

まとめ

・大きくてどんな巻き方にも対応したおくるみが欲しいなら120cm×120cmおくるみ

・ちょっと小振りだけど色々使い安いおくるみなら100cm×100cmおくるみ

・小さくてもキャラ物、日本製のおくるみが欲しいなら100cm未満×100cm未満おくるみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました