Amazonでベビー用品を常に【 15%OFF!! 】で買う方法 ≫

冬用おくるみはどれが人気?【選び方+おすすめランキング5選】

季節に合わせて探す
とうふママ
とうふママ

この記事は以下のような疑問にお答えする内容になっています

・冬用のおくるみはどんなベビーブランドが人気なの?

・冬用おくるみはどういう基準で選べばいいの?

・具体的におすすめの冬用おくるみはどれ?

通年で使用する機会の多いおくるみですが、寒い秋から冬にかけては「防寒」も大事な要素になります。

しかし、冬はどのおくるみを着せてあげればいいの?と疑問に思っている方は多いと思います。

そこで今回は、冬用のおくるみでどんなブランドが人気なのか、どういった基準で選ぶべきなのか、具体的なおすすめはどれか、の3点についてご紹介します。

とうふちゃん
とうふちゃん

オールシーズン版おくるみ人気ランキングはこちらです~

Amazonでベビー用品を15%OFFで買える?

ベビー用品はおむつ、粉ミルク缶などかさばる物が多いため、Amazonで購入の方も多いと思います。

しかし、Amazon側である「無料登録」をしていないと損しているのをご存知でしょうか?

とうふママ
とうふママ

え!?損してるの!?

とうふちゃん
とうふちゃん

Amazonファミリー」に無料登録すれば安いのにママは損してるです~

詳しいお得情報・特典・使い方はこちらにまとめているので、Amazonを利用する方は要チェックです!!

≫Amazonファミリーの特典・使い方

スポンサーリンク

冬用おくるみの選び方(チェックポイント)

まずは冬用おくるみを選ぶ際に必ず抑えておきたい点を紹介します。

赤ちゃんを冬の寒さから守る「暖かさ」

赤ちゃんは暑がりとはいえ、秋冬の寒い室内ではしっかりとした防寒が必須です。

しかし、どんなおくるみでも巻けば良いという訳ではありません。

おくるみはコットン、ウールなど様々な素材から作られ編み方も多様です。

そのため、しっかりと冬用の暖かさを持った作りのおくるみを選ぶ事が重要になってきます。

とうふママ
とうふママ

おくるみによく用いられる素材なんて全然分からない!という方はこちらをどうぞ

ただの分厚い生地はNG「機能性」

冬用おくるみに限りませんが、ただ暖かいおくるみを選ぶだけでは十分ではなく機能性も大事です。

機能性は様々な種類がありますが、具体的には「くるみやすさ」「着たままおむつ交換できるか」などです。

ただ分厚い生地をぐるぐる巻いただけではこうした機能性がほぼ0になってしまいます。

暖かさと機能性だけじゃない「可愛さ・おしゃれさ」

暖かさ・機能性などのように必須ではありませんが、冬用おくるみには可愛さやおしゃれさも重要です。

可愛くない(おしゃれでない)おくるみでは、折角赤ちゃんの写真を撮ってもあまり映えません。

次の項目で暖かさと機能性を保ちつつ、可愛い(おしゃれ)おくるみを紹介しますので参考にしてください。

冬用おくるみの人気おすすめ5選

暖かさ、機能性、可愛さ(おしゃれさ)を兼ね備えた冬用おくるみを5つご紹介します。

Tuppence & Crumble(星形フリースおくるみ)

暖かさ(5)機能性(4)可愛さ/おしゃれ(5)
★★★★★★★★★☆★★★★★

タッペンスアンドクランブルはイギリスのロンドン発祥のベビーブランドです。

様々なベビー用品を扱っていますが、日本では保温性が高いフリース素材の星形おくるみが人気です。

しかし、この星形おくるみはまだ日本での取り扱いが少なく、店舗販売もあまりされていません。

現状購入はAmazonや楽天市場などのネット通販がメインになっています。

サイズは71cm×67cmの0~4ヶ月用と、82cm×80cmの4~10ヶ月用があります。

赤ちゃんをそのまま入れてマジックテープで留めてくるむだけのため機能性も高めです。

しかし、おくるみしたままおむつ交換はできないので機能性は★4としています。

西松屋のディズニーおくるみ(1枚布アフガン)

暖かさ(4)機能性(3)可愛さ/おしゃれ(5)
★★★★☆★★★☆☆★★★★★

西松屋が販売している1枚布タイプのおくるみ(ミッキー柄)です。

大きさは身長80cm×80cmのため、通常の外国製のおくるみに比べると小さなサイズになっています。

しかし、普通に基本巻きやおひな巻きをする分には困ることは無いサイズです。

生地はキルト状で内部に綿が少し入っているため、冬でも少し温かく赤ちゃんをおくるみすることができます。

とうふちゃん
とうふちゃん

西松屋が近くにないです~

とうふママ
とうふママ

そんな方でもAmazonなどで正規品が定価で買えるので心配ありません!

西松屋のディズニーおくるみ(足つきアフガン)

暖かさ(4)機能性(4)可愛さ/おしゃれ(5)
★★★★☆★★★★☆★★★★★

先程のおくるみと同様に西松屋が販売している1枚布タイプのおくるみ(ミッキー柄)です。

サイズは赤ちゃんの身長で50cm~70cmに対応しているため概ね生後5ヶ月頃までは問題なく使用できます。

生地はコットン製で、キルト生地になっているため、内部に綿が入っています。

そのため、冬でも温かく使用することが可能です。

また、おくるみの足部分はまくって足を大きく出したりなどできるため、温度調整に役立ちます。

とうふちゃん
とうふちゃん

他のディズニーおくるみはこちらで紹介してるです~

スワドルミー(マイクロフリース)

暖かさ(5)機能性(4)可愛さ/おしゃれ(3)
★★★★★★★★★☆★★★☆☆

おくるみの中でも比較的有名なスワドルミーはフリース素材の冬用も販売しています。

サイズはSMサイズ(月齢0~3か月用)と、Lサイズ(月齢4~6ヶ月用)の展開です。

暖かさはフリース素材で文句ありませんが、シンプルな柄のため可愛さは若干他冬用おくるみに劣ります。

また、スワドルミーマイクロフリースは日本での取り扱いが極めて少ないので注意してください。

とうふママ
とうふママ

成型済で使いやすいスワドルミーについてはこちらで詳しく紹介しています

コッパーパール(キルトおくるみ)

暖かさ(4)機能性(3)可愛さ/おしゃれ(5)
★★★★☆★★★☆☆★★★★★

授乳ケープで有名なコッパーパールが扱っている3重キルトのおくるみです。

フリース素材ほどの暖かさはありませんが、1枚布タイプのためブランケットとしても使いやすいです。

また、多少伸縮性の高い素材のため、くるんだ際赤ちゃんが動いてもはだけにくくなっています。

しかし、おくるみする際は基本巻きなど覚えなければならないため機能面は若干劣ります。

とうふちゃん
とうふちゃん

授乳ケープとおくるみ兼用できないかな、という方はこちらです~

まとめ

・冬用のおくるみはタッペンスアンドクランブルなどのブランドが人気です。

・冬用おくるみを選ぶ際の基準は暖かさ、機能性、可愛さ(おしゃれさ)の3点を重視することをおすすめします。

季節に合わせて探す 比較・ランキングで探す
スポンサーリンク
とうふをフォローする
おくるみでも寝ない時の強い味方!

おくるみをしても抱っこをしても寝てくれない・・・という時に便利なのが代わりに赤ちゃんを抱っこしてくれるネムリラです。

◎揺らすだけで寝かしつけOK(電動なら自動)
◎キャリーで簡単に動かせるのでどこでも使える
◎簡易なベビーベッド代わりになる

お腹の中に居た時と同じ縦揺れが寝かしつけに良いと言っても疲れます・・・
エルゴの抱っこ紐なら通常の抱っこ紐より肩腰への負担が劇的に軽いので寝かしつけにも有効です。

◎寝かしつけのための縦揺れに楽
◎一人でも着脱可能な作り
◎勿論お出かけ時の利用もOK

赤ちゃんは環境の変化に敏感で一度興奮して泣き始めると中々自分で落ち着くことができません。
そんな時は大人同様、アロマで興奮を抑えリラックスさせると入眠してくれることがあります。

◎エッセンシャルオイルなので安心安全
◎価格がネムリラやエルゴと違い安価

おくるみ万博

コメント

タイトルとURLをコピーしました