夏用おくるみはコチラから! ≫

【暖かさ&コスパ重視!!】人気・オススメ冬用おくるみ【まとめ】

PR
選び方・比較
とうふママ
とうふママ

このページは以下のような疑問にお答えする内容になっています

・冬用のおくるみは準備すべき?

・冬用おくるみはどういう基準で選べばいい?

・冬用のおすすめのおくるみは具体的にどれ?

通年で使用する機会の多いおくるみですが、寒い秋から冬にかけては防寒も大事な要素になります。

とうふちゃん
とうふちゃん

勿論、とっても寒い日は暖房の使用を前提に考えるです〜

しかし、冬はどのおくるみを着せてあげればいいの?とわからなくなってしまう方も多いと思います。

そこで今回は、冬用のおくるみは準備すべきなのか、どういう基準で選べばいいいのか、具体的なおすすめはどれか、ついてご紹介します。

  1. 赤ちゃんが動き出したらリスク有り!
  2. 賃貸でもOK!事故前に対策できる

冬用おくるみは準備すべき?あると便利!!

まず最初に結論を出してしまいましたが、冬用おくるみはあった方が便利です。

乾燥を抑えることができる

暖房の設定を高めの温度のまま厚着をさせてあげれば暖かく赤ちゃんを保つことは可能です。

しかし、暖房を長くつけているとどうしても乾燥が気になります。

とうふママ
とうふママ

乾燥してると風邪引いたりしないか心配…

保温性の高いおくるみを巻いてあげればその分暖房を抑えることができるので乾燥を防ぐことが可能です。

乾燥しづらい暖房器具

オイルヒーターなら温風を最小限に輻射熱・遠赤外線で部屋を温めるので乾燥をかなり抑えられます

更にストーブや単純な遠赤と違い火傷のリスクもかなり抑えられる子どもがいる家庭にピッタリの暖房器具です。

中でもチャイルドロック機能・転倒停止など安心機能が充実しているのはケノンヒーターという種類です。

蹴飛ばされる心配ナシ!!

温かいお布団をかけてあげてもすぐに出てきたり蹴飛ばしたりされてしまします。

とうふちゃん
とうふちゃん

重い布団は赤ちゃんには使えないですし困るです〜

そんな時でもおくるみなら出てきたり蹴飛ばされる心配はありません

しっかりくるんであげれば赤ちゃんの激しい動きを適度に抑えつつ保温してくれます。

また、そもそもモロー反射など赤ちゃん自身の動きで起床することをふぐことができるのも大きなメリットです。

冬用おくるみはどう選べばいい?基準は?

次は冬用おくるみの選び方や基準についてご紹介していきます。

冬用おくるみの生地はキルト・フリース・パイルなど

冬用おくるみの素材はコットンなど何でも問題ないのですが、生地はキルト・フリース・パイルなどがオススメです。

ガーゼ生地でも不可ではありませんが、保温性を求めるなら最低でも6重ガーゼになります。

TOG値などが記載されている場合は、最低でも0.5以上の物を購入するようにしましょう。

とうふママ
とうふママ

1.0あればかなりしっかり温かいです

TOG値とは?

掛け布団の温かさ(熱の逃がしにくさ)を数値化した指標で、おくるみにも用いられます。

計算式は複雑なので、数字が大きいほど熱を逃がしにくい(温かい・暑い)と覚えてくだされば十分です。

目安としては0.5がオールシーズン向、それ以下が夏用、それ以上が冬用です。

おくるみは機能性も重視

冬用おくるみに限りませんが、機能性にも着目することをおすすめします。

機能性とは具体的にいうと、具体的には「くるみやすさ」「着たままおむつチェンジ可否」の2点などです。

くるみやすさは、ファスナー式・マジックテープ(面ファスナー)式になっているおくるみが良く、誰でも簡単におくるみができます。

着たままおむつチェンジについては、ファスナー式おくるみに多いですが、おくるみを脱がさずおむつ替えができる機能です。

とうふちゃん
とうふちゃん

当サイトではこうした機能性の高いおくるみを整形済おくるみと呼んでるです〜

\整形済おくるみ一覧はコチラ!!/

冬用おくるみは可愛い&おしゃれ

冬用のおくるみは防寒目的でもこもこしたデザインが多いため、通年用や春用のおくるみに比べて可愛い物が多いです。

(夏向けおくるみはどうしても薄さ追求のため生地が薄くなりがち)

そのため、冬用おくるみを着せることができる冬しかもこもこおくるみの姿を楽しむことはできません。

暖かさ・機能性などのように必須ではありませんが、冬ならではの可愛さを求めるのも良いと思います。

とうふママ
とうふママ

もこもこのおくるみ着せての写真は可愛さ10倍ですよ

\自宅で可愛く撮って欲しい!!方はコチラ/

人気&オススメ冬用おくるみ【まとめ!!】

ここからは具体的に温かさ(生地)・機能性・可愛さの項目別評価を入れつつ、冬向けおくるみをご紹介します。

Tuppence & Crumble(スターラップ)

温かさ機能性可愛さ
★★★★★★★★★☆★★★★★

冬用オススメおくるみの1つ目はタッペンス&クランブルの星型フリースおくるみ(スターラップ)です。

フリース素材のため圧倒的な温かさを持つだけでなく、赤ちゃんをくるむと写真映えする星型になります。

とうふちゃん
とうふちゃん

こんな感じでとっても可愛いです〜

出典:Tuppence & crumble公式HP(U.K.)

また、タッペンス&クランブルはあまり日本では馴染みのないブランドですが、イギリスの大手ベビーブランドなので安心感も高いです。

着たままのおむつ交換には非対応ですが、赤ちゃんをくるんでマジックテープで留めるだけのため、機能性も良好です。

2021年1月時点ではAmazonの「ベビー用マルチブランケット・ひざかけ」カテゴリでベストセラー1位を獲得するなど人気も高くなっています。

サイズは71cm×67cmの0~4ヶ月用と、82cm×80cmの4~10ヶ月用があるので幅広く使用できるのも良いポイントです。

とうふママ
とうふママ

正直、現在販売中のおくるみの中ではNO.1の温かさ&可愛さだと思います

\スターラップのサイズ選び詳細はコチラ!!/

エマムール

温かさ機能性可愛さ
★★★★☆★★★★★★★★☆☆

エマムールは夜泣き対策グッズのクマイリーを販売している日本の会社が扱っているおくるみです。

素材はコットンですがパイル生地を採用しているため、保温性が高めで温かくおくるみができます。

今更だけどパイル生地って何

厳密に言うと細かく定義されていますが、皆さんのご家庭にあるふわふわのタオルを想像いただければ概ね合っています。

そのため、普通の薄いガーゼ生地なよりは保温性が高く温かいです。

エマムールは着たままオムツ交換はできませんが、機能面で大きな特徴・メリットがあります。

それは、締め付け調節帯と、3層構造でリバーシブル利用可能、という点です。

締め付け調節は赤ちゃんを包んだ後にキツさを調節するベルトのような役割になっています。

この締付け調節機能があることで赤ちゃん1人1人に合った心地よいポイントを探すことが可能です。

とうふちゃん
とうふちゃん

赤ちゃんによって快適なおくるみ具合は違うんです〜

3層構造リバーシブルは、少しおくるみが濡れて汚れてしまってもリバーシブルなので、一旦そのまま使用できる、という機能です。

ただリバーシブルなだけでなく、3層構造のため少しの濡れなら反対側まで染み出さず使用できます。

夜の授乳時に汚してしまった時などはこの機能が大活躍です。

とうふママ
とうふママ

この2つの機能を持つのはエマムールだけです!!流石、日本企業が扱うおくるみ…

\消臭効果なども!?詳しくは公式サイトへ!!/

くまのおくるみ(耳付きおくるみ)

温かさ機能性可愛さ
★★★★★★★☆☆☆★★★★★

もこもこふわふわで最高に可愛い「くまのおくるみ」も冬のおくるみとしてとても良いです。

多くがフリース素材を採用しており、保温性もバッチリとなっています。

また、見た目の可愛さは言わずもがな、着せるだけで可愛さが溢れ出します。(個人によります)

とうふママ
とうふママ

可愛い以外の言葉が出ない!!!!(個人の感想です)

機能性という面だとマジックテープ式の物が多いためくるむことは簡単ですが、着たままおむつ交換はできません。

また、難点なのは多種多用なメーカーが入り乱れて販売しているため、固定的にコレ!!とおすすめできるおくるみが無い点です。

とうふちゃん
とうふちゃん

大手メーカーが出してくれれば良いのですが…出ないです〜

ただ、下のAmazon、楽天のリンクから「もこもこで可愛いくまのおくるみ」は探せるようにしたので、見てみてください。

\今販売中のくまおくるみはコチラ/

西松屋のディズニーおくるみ(1枚布アフガン)

温かさ機能性可愛さ
★★★☆☆★★★☆☆★★★★★

西松屋が販売している1枚布タイプのおくるみ(ミッキー柄)です。

大きさは身長80cm×80cmのため、通常の外国製のおくるみに比べると小さなサイズになっています。

しかし、普通に基本巻きやおひな巻きをする分には困ることは無いサイズです。

生地はキルト状で内部に綿が少し入っているため、冬でも少し温かく赤ちゃんをおくるみすることができます。

\他ディズニーおくるみはコチラ!!/

コッパーパール(キルトおくるみ)

温かさ機能性可愛さ
★★★★☆★★★☆☆★★★★★

授乳ケープで有名なコッパーパールが扱っている3重キルトのおくるみです。

フリース素材ほどの暖かさはありませんが、1枚布タイプのためブランケットとしても使いやすいです。

また、多少伸縮性の高い素材のため、くるんだ際赤ちゃんが動いてもはだけにくくなっています。

しかし、おくるみする際は基本巻きなど覚えなければならないため機能面は若干劣ります。

【暖かさ&コスパ重視!!】人気・オススメ冬用おくるみのまとめ

・冬用として厚手のおくるみを持っておくと暖房の使用による乾燥を少し抑制できます。

・冬用おくるみを選ぶ際はキルト・フリース・パイル生地で、機能面も充実した物がオススメです。

・具体的なオススメはタッペンス&クランブル・エマムール・くまのおくるみなどです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました