夏用おくるみはコチラから! ≫

【涼しさ&コスパ重視!!】夏におすすめのおくるみを一挙紹介!!【まとめ】

PR
選び方・比較
とうふママ
とうふママ

このページは以下のような疑問にお答えする内容になっています

・夏でもおくるみは必要なの?

・夏でも使えるおくるみはどんな素材の物?

・夏おすすめのおくるみは具体的にどれ?

赤ちゃんの睡眠を改善してくれるおくるみですが、夏は暑くてあまり使わなそうだしいいか…と諦めている人も多いと思います。

しかし、最近では各メーカーが夏向けおくるみを開発・販売中のため1年を通しておくるみの使用が可能です。

とうふちゃん
とうふちゃん

勿論、真夏はおくるみの有無に関わらず冷房使用前提です〜

そこで、このページでは、夏でもおくるみは必要なの?、という疑問から夏の使用におすすめの素材、具体的なおすすめ商品までご紹介していきます。

  1. 赤ちゃんが動き出したらリスク有り!
  2. 賃貸でもOK!事故前に対策できる

夏でもおくるみは必要?あると便利!!

実は夏でもおくるみはあるととても便利です。具体的に2つのシーンでご紹介します。

【睡眠時】モロー反射防止は夏でも役立つ

赤ちゃんの夜泣き・夜間覚醒の原因であるモロー反射は季節と室温には関係なく発生します。

そのため、モロー反射を抑えるおくるみは夏でも有効で、特に夜良く起きてしまう赤ちゃんには着せた方が良いです。

とうふママ
とうふママ

合う合わないはありますが起床回数を少しでも減らすのには役立ちます

【外出時】突然肌寒い時に役立つ

上記の睡眠時はおくるみの本来用途ですが、その他にもおくるみは広げてブランケットとして使用可能です。

そのため、夏の外出時に屋内(特にスーパーなど)で少し肌寒いな…と感じた際赤ちゃんにかけたり、くるんであげることで寒さ対策ができます。

とうふちゃん
とうふちゃん

急に寒い室内で服装がそのままだと寒いです〜

おくるみは衣類と違って折りたたんで簡単に持ち運べますし、着せる必要も無いのでさっと使えてとても便利です。

とうふママ
とうふママ

ベビーカーに1枚乗せておでかけするといつでも安心ですね

夏オススメのおくるみは薄め&バンブー

次は夏に使用するおくるみはどんな物が良いか、素材など含めてご紹介します。

薄めのおくるみでないと暑くてNG

タオル生地やキルト生地のような厚手のおくるみは保温性が高いので夏の使用には向きません。

もしTOG値などが書いてある際は、0.5以下は必須で0.3以下などが望ましいです。

TOG値とは?

掛け布団の温かさ(熱の逃がしにくさ)を数値化した指標で、おくるみにも用いられます。

計算式は複雑なので、数字が小さいほど熱を逃がしやすい(涼しい・寒い)と覚えてくだされば十分です。

綿素材のガーゼ生地のおくるみなどが比較的薄めの商品が多くなっています。

また、ガーゼ生地は他の生地と比較すると目が粗いので通気性も高く熱気がこもりにくいです。

とうふちゃん
とうふちゃん

厚いおくるみを使うと湿疹・汗疹などの肌トラブルにつながるので注意です〜

バンブー素材のおくるみが一番涼しい

正確にはバンブーレーヨン製のおくるみが吸水性・吸湿性もあり市販のおくるみの中では一番夏向きです。

このバンブーレーヨンは繊維自体に接触冷感(少しひんやりするような感覚)があるため、普通の綿素材のおくるみよりも涼しく感じます。

また、編み方にも若干左右されますが触った感触も普通の綿素材とは異なり少しツルツルした感じです。

レーヨンのデメリット

水分をよく吸う結果しわや縮みが生じやすい、というデメリットがあるのも事実です。

おくるみとして使用する分には多少のしわは問題ないですが、気になる場合他の素材をおすすめします。

レーヨンに手触りが似ている(もっと良い)のはシルクです。

オススメ夏用おくるみ【TOP5!!】

ここまでの内容を踏まえて夏にオススメできるおくるみを具体的に5つご紹介します。

①スワドルミーアームスフリー(旧ラップサック)

出典:Summer Infant
主な素材涼しさコスト使いやすさ
コットン★★★★☆★★★★☆★★★★★

簡単に赤ちゃんをくるめる整形済おくるみ、スワドルミーのシリーズの1つで生後3ヶ月〜6ヶ月前後に適したおくるみです。

ファスナー式になっているため、誰でも巻き方を覚える必要もなく簡単におくるみができます。

通常のスワドルミーとの違いは、腕が出せるようになっているため適齢(月齢)が少し長めなことと、薄手(通常のスワドルミーは0.5togに対し0.3tog)なことです。

とうふママ
とうふママ

長く使えて薄手なのは季節もまたげそうで助かりますね

価格は4500円前後とお高めですが、ファスナー式で同時期の月齢に適したおくるみの中では最安値となっています。

また、このスワドルミーアームスフリーは日本での取り扱いは当サイトだけです。

\ 今なら送料無料!! /

②スワドルアップバンブーライト

主な素材涼しさコスト使いやすさ
バンブーレーヨン★★★★★★★☆☆☆★★★★★

スワドルミー同様に整形済おくるみの1つスワドルアップシリーズの中でも夏用がこのバンブーライトです。

上記画像は0〜3ヶ月向けで3〜6ヶ月頃向けのステージ2も販売されています。

素材はバンブーレーヨン95%・ポリウレタン5%のため接触冷感があり、TOG値も0.2のため他のおくるみよりも涼しく使用可能です。

ここまで完璧なおくるみですが唯一のネックは価格が高い、ということです。

特に3〜6ヶ月向けのバンブーライト(ステージ2)は送料合計で6,000円近くするため、スワドルミーアームスフリーより1,500円高いことになります。

とうふちゃん
とうふちゃん

1,500円の価格差は中々大きい差です〜

\サイズや月齢に適した選び方はコチラ/

③エイデン&アネイシルキーソフト

主な素材涼しさコスト使いやすさ
バンブーレーヨン★★★★★★★★★★★★★☆☆

通常の1枚布タイプのおくるみで最も人気のブランドであるエイデン&アネイもバンブーレーヨンのおくるみを扱っています。

名前にバンブーと入らないので見つけづたいですが、「シルキーソフト」というシリーズがバンブー素材です。

エイデン&アネイの通常のおくるみと比較すると名前の通りシルキー(シルクのような)ツルツルした手触りです。

接触冷感が期待でき、1枚あたり2,000円を切る価格設定のためコスパも高いですが、スワドルミーなどと比較するとおくるみするのが大変、というデメリットがあります。

とうふママ
とうふママ

おひな巻など覚えれば簡単なんですけどね…

巻く手間は気にならない!という方にはとてもオススメできるおくるみです。

\エイデン&アネイの他種類などはコチラ/

④スワドルデザインズ

主な素材涼しさコスト使いやすさ
コットン★★★☆☆★★★★☆★★★☆☆

スワドルデザインズもエイデン&アネイ同様1枚布おくるみの大手ブランドです。

スワドルデザインズが春〜夏向けとして扱っているおくるみがからみ織りを用いたマーキゼットスワドルというシリーズです。

素材はコットンですが、このからみ織り(通常のおくるみの平織りと比べ隙間が多い)を用いることで通気性を引き上げ、熱をこもりにくくしています。

とうふちゃん
とうふちゃん

通気性の良さは他のおくるみよりも抜群に良いです〜

価格帯はバラ売りでもセット売りでも1枚2,000円台でエイデン&アネイよりも少し割高にはなりますが、被りづらい柄が多いため、人と被らない物がほしい方にはオススメです。

\スワドルデザインズは整形済おくるみも!?/

⑤ココムーン

素材涼しさコスト使いやすさ
コットン★★★★★★★☆☆☆★★★☆☆

ハワイ発のおくるみブランドで、販売しているほぼ全てのおくるみがバンブーレーヨン製になっています。

そのため、接触冷感を持つおくるみを沢山の柄の中から選ぶことが可能です。

とうふママ
とうふママ

結構他ブランドはバンブーレーヨン製の柄が少ないので嬉しいポイントですね

扱っている柄は下記の画像のようにフラガールやパイナップルなど可愛らしくもハワイアンな雰囲気を感じられるレパートリーになっています。

  

出典:COCOMOON公式HP

柄も素材も夏にピッタリのおくるみですが、唯一気になるのは1枚3,500円前後と少し価格が高めなことです。

公式サイトが多くの柄から選べるためオススメなのですが、安い価格の物を狙う場合、Amazonや楽天に出品されていることがあるので探してみるのをおすすめします。

【涼しさ&コスパ重視!!】夏におすすめのおくるみを一挙紹介!!のまとめ

・夏でもおくるみは夜泣き防止、急な寒さ(スーパーなど)対策にあるととても便利です。

・具体的には、①スワドルミーアームスフリー②スワドルアップバンブーライト③エイデン&アネイシルキーソフト④スワドルデザインズ(マーキゼット)⑤ココムーン、がオススメです。

※スワドルミーアームスフリーは当サイトのみ扱っているので、ご注意ください。

\日本通販取り扱いは当サイト限定!!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました