夏用おくるみはコチラから! ≫

おくるみはいつまでで卒業?モロー反射とは?

PR
お得情報

・おくるみはいつまで使って良い?

・おくるみは月齢何ヶ月で卒業とか決まってる?

・おくるみを全然卒業できそうにないけどどうすればいい?

とうふママ
とうふママ

このページで扱うおくるみ・スリーパーは下記のようになっています

おくるみ(スワドル・アフガン)は赤ちゃんの寝かしつけ・夜泣き防止に活躍する便利なベビーグッズです。

しかし、おくるみが便利過ぎるあまり何ヶ月まで使える?もう卒業させるべき?と心配になってきている方も多いと思います。

そこで今回は、おくるみはいつまで使えるのか理由と合わせてご紹介します。

とうふちゃん
とうふちゃん

最後に卒業できそうに無い子向けのアドバイスも紹介するです〜

  1. 赤ちゃんが動き出したらリスク有り!
  2. 賃貸でもOK!事故前に対策できる

おくるみはいつまで?卒業時期は?

ずばり、おくるみを卒業すべき時期は生後3ヶ月〜6ヶ月ごろでもっと早期の卒業はOKですが延長はオススメできません。

とうふママ
とうふママ

なんで生後3ヶ月〜6ヶ月なの?もっと使いたいのに…

と、思う方がほとんどだと思いますが、これにはしっかりと理由があって簡単にまとめると下の表のようになります。

おくるみを3〜6ヶ月で卒業すべき理由
  1. モロー反射の消失でおくるみの効果が薄れる
  2. 寝返りを完全に習得し始める
意外と早い!?
とうふちゃん
とうふちゃん

モロー反射…?寝返りがダメ…なんです?

中々理由も小難しいので次項目からもう少し詳しくご説明していきます。

モロー反射の消失でおくるみ効果減

そもそも、おくるみで寝付きが良くなる赤ちゃんが多い理由は、①おくるみによるモロー反射抑制、②包まれることによる安心感、とされています。

モロー反射とは?

赤ちゃんが持つ原始反射の1つで寝ている際などに、腕を伸ばし空中を抱きかかえる動作のこと。

寝ている際に生じると、反射行動後手が床に落ちた衝撃で起床することが多い。

つまり、おくるみの役目はモロー反射で赤ちゃんの手が大きく動き、余計な衝撃で目を覚まさないようにガードすることです。

とうふママ
とうふママ

じゃあ、モロー反射終了=おくるみの効果減ですね

そのため、生後3ヶ月〜6ヶ月でおくるみは効果が薄れてしまうため、卒業してしまった方が良い、ということになります。

寝返り完全習得による危険性

とうふちゃん
とうふちゃん

でも効果薄れるだけなら6ヶ月以降別にOKじゃないです〜?

と、思いたくなりますが、生後6ヶ月以降は多くの赤ちゃんが寝返りを高頻度でできるようになるため、おくるみ継続は避けた方が良いです。

おくるみは赤ちゃんの動きを制限(手足ともに)する寝具のため、寝返りとは極めて相性が悪いものになります。

最悪の場合、寝返ってうつぶせから戻れない、といったことが起きる可能性もあるので6ヶ月以降の使用はオススメできません。

おくるみを卒業できそうに無い時の対処法

おくるみを卒業できない時にオススメの対処法はその時の月齢に応じて以下の表の通りです。

0〜3ヶ月未満
3ヶ月以上
  • 半ぐるみで寝かせる
  • 卒業練習対応のおくるみにしておく
  • まずは半ぐるみにする
  • スリーパーに移行する
とうふママ
とうふママ

それぞれ順番にご紹介していきますので合致する月齢の方を参考にしてください

0ヶ月〜3ヶ月未満のおくるみ卒業に向けた対処法

月齢が0ヶ月から3ヶ月の赤ちゃんならまだおくるみ卒業必須時期まで少し時間があるので、卒業しやすくなるよう準備をしましょう。

半ぐるみで寝かせる

半ぐるみとは基本巻き・おひな巻きと同じくおくるみを巻く時の方法の1つです。

イメージは下半身だけおくるみするような形で手を自由にさせることから半ぐるみと呼ばれています。

とうふちゃん
とうふちゃん

文章で説明は難しいので下記動画の54秒〜あたりを参考にするです〜

いきなりおくるみを5,6ヶ月ごろに完全に無しにすると卒業が難しいことが多いですが、半ぐるみに事前に慣れることができれば卒業しやすくなります。

卒業練習対応おくるみにする

半ぐるみは腕を完全に出してしまいますが、おくるみの中には腕の出し入れを調節可能なものがあります。

こうした腕の出し入れ調整可能なおくるみなら片腕ずつ外すなど卒業練習ができるためオススメです。

とうふママ
とうふママ

腕の出し入れ可能なおくるみはこちらです

スワドルサックとスワドルアップステージ2の違いはざっくり言うと袖をまくるように腕を出すか、腕部分を外すかの違いになっています。

とうふちゃん
とうふちゃん

詳しくはそれぞれのリンク先チェックしてみてくださいです〜

3ヶ月〜のおくるみ卒業に向けた対処法

月齢3ヶ月以降の赤ちゃんはもうおくるみを卒業すべき時まで時間があまり無いので、半ぐるみを一旦試しましょう。

しかし、半ぐるみをほどいてしまう、半ぐるみから先に進めないという場合は下記の方法を試してみてください。

スリーパーにする

スリーパーは上記の画像のように着る毛布のようなデザインで、手が完全に出ているものを指します。(種類によっては足も出る)

スリーパーならおくるみと違い、手がフリーでゆったりした作りのため使用年齢に大きな制限はないです。

更に、足が閉じているタイプのスリーパーなら包まれている感じが強いので比較的おくるみから移行しやすいです。

おくるみはいつまでで卒業?卒業方法は?のまとめ

・おくるみは長くても月齢5,6ヶ月ごろには卒業するようにすることをオススメします。

・理由はおくるみで抑制するモロー反射自体が5,6ヶ月にはなくなるためと、寝返りが5,6ヶ月以降本格化するためです。

・おくるみの卒業方法はまず半ぐるみ、それだけで卒業できないときは月齢に合わせて卒業練習用のものやスリーパーを試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました