Amazonでベビー用品を常に【 15%OFF!! 】で買う方法 ≫

スワドルアップステージ2(50/50)とは?いつからいつまで?

スワドルアップまとめ
★スワドルアップの卒業時期?種類?危険性?疑問に全部お答え★

【まとめ】スワドルアップ徹底解説はこちら

この記事は以下のような疑問にお答えする内容になっています。

・スワドルアップのステージ2(旧50/50)とは?

・スワドルアップのステージ2はいつからいつまで使えるの?

・スワドルアップステージ2のメリットは?ステージ1のLサイズじゃ駄目?

新生児の時にスワドルアップを購入していると、月齢3~4ヶ月前後にはきつい状態が多いです。

そのため、新調しようとは思うけどステージ2がどんな物かよく分からない、という人も多いと思います。

そこで今回は、スワドルアップのステージ2(旧50/50)はどんなおくるみなのか、スワドルアップステージ2のメリット、使用可能時期、についてご紹介します。

Amazonでベビー用品を15%OFFで買える?

ベビー用品はおむつ、粉ミルク缶などかさばる物が多いため、Amazonで購入の方も多いと思います。

しかし、Amazon側である「無料登録」をしていないと損しているのをご存知でしょうか?

とうふママ
とうふママ

え!?損してるの!?

とうふちゃん
とうふちゃん

Amazonファミリー」に無料登録すれば安いのにママは損してるです~

詳しいお得情報・特典・使い方はこちらにまとめているので、Amazonを利用する方は要チェックです!!

≫Amazonファミリーの特典・使い方

スポンサーリンク

スワドルアップのステージ2(旧50/50)とは

まずはスワドルアップステージ2(旧50/50)についてご紹介します。

スワドルアップのステージ2は成長した赤ちゃん向け

スワドルアップステージ2はステージ1同様LOVE TREEが販売しているおくるみです。

赤ちゃんの足を入れてファスナーを閉めることでくるむ構造はステージ1も2も同様です。

そのため、スワドルアップステージ1から2への移行で困ることはあまりないでしょう。

また、使用している素材なども一緒のため手触りなども同一となっています。

サイズ選びについて詳しくはこちら↓

スワドルアップステージ2の特徴

スワドルアップのステージ2は上記画像のように袖が外れるようになっているのが特徴です。

袖を外すことで寝返りをしようとする赤ちゃんの動きを邪魔することなく使用できます。

また、袖は着けたままの状態であれば、ほぼスワドルアップステージ1と同じ使用感になります。

袖を外すことのメリットなどについては次項目でご紹介します。

スワドルアップステージ2はいつからいつまで使用可能?

次はスワドルアップのステージ2が月齢何ヶ月から何ヶ月の時に使用可能か詳しく紹介します。

スワドルアップのステージ2使用開始はいつでも

スワドルアップステージ2の使用開始はサイズさえ合えば何ヶ月からでも問題ありません。

しかし、サイズ展開上Mサイズ~のため新生児の頃からだとフィット感が薄くなります。

(おくるみのフィット感が少ないとモロー反射軽減に問題が生じてしまいます)

そのため、実際はスワドルアップステージ2の使用開始時期は3ヶ月~4ヶ月頃からです。

スワドルアップのステージ2使用終了は月齢6ヶ月頃

スワドルアップステージ2の使用はだいたい生後6ヶ月を目安に終了させましょう。

この理由は、多くの赤ちゃんが寝返りをするようになる時期のためです。

スワドルアップステージ2は袖が着脱可能なため外しておけばあまり寝返りには干渉しません。

しかし、おくるみ自体が生後6ヶ月以降の赤ちゃんにあまり推奨されない、という論文があります。

参考:論文の内容について触れた記事はこちら

そのため、スワドルアップステージ2も生後6ヶ月頃の卒業を目指しましょう。

月齢6ヶ月だけど卒業できない・・・という方はこちら↓

スワドルアップステージ2のメリットは?

メリット①:寝返りしても万が一は起こりにくい

スワドルアップステージ2の最大メリットは赤ちゃんの寝返り動作を阻害しにくいことです。

腕まで覆うおくるみはモロー反射を抑え込めますが、寝返りすると危険な場合があります。

しかし、スワドルアップステージ2なら袖が外せるため安全です。

メリット②:スムーズなおくるみ卒業をサポート

スワドルアップステージ2の2つめのメリットは、おくるみ卒業をサポートできることです。

赤ちゃんは環境の変化に敏感なため、おくるみをしなくなると寝付きが悪くなる場合があります。

しかし、スワドルアップステージ2なら段階を踏んでおくるみ卒業を目指せます。

おくるみ卒業に向けてのステップは具体的には下記の通りです。

段階的な卒業時のステップ
  1. 片方の袖を外して数日寝かせる
  2. 両方の袖を外して数日寝かせる
  3. 起きてしまうようならまた片方の袖外しから始める

スワドルアップステージ1のLサイズじゃ駄目?

次はスワドルアップステージ1のLサイズがステージ2の代わりになれるか比較します。

寝返りの兆候が見えたらステージ2の方がおすすめ

サイズ感としてはステージ1のLサイズを使っても問題ありません。

しかし、スワドルアップステージ1は袖の着け外しができないため寝返りが始まると危険です。

そのため、寝返りをするように腕を動かし始めたらスワドルアップステージ2にしましょう。

そもそもLサイズ販売があまりない

スワドルアップステージ1のLサイズは本国のオーストラリアでは販売されています。

しかし、日本では正規店でも殆ど取り扱いがありません。

ネット通販で購入できても正規版では無い場合が多いため注意してください。

まとめ

・スワドルアップのステージ2(旧50/50)は袖が外れることが特徴のおくるみです。

・スワドルアップのステージ2は3~4ヶ月頃から6ヶ月頃までが適正な使用時期です。

・スワドルアップステージ2のメリットは①寝返りしても問題が起きにくい、②おくるみ卒業をサポートできる、の2点です。

★スワドルアップの卒業時期?種類?危険性?疑問に全部お答え★

【まとめ】スワドルアップ徹底解説はこちら
スワドルアップまとめ 寝かしつけ用で探す
スポンサーリンク
とうふをフォローする
おくるみでも寝ない時の強い味方!

おくるみをしても抱っこをしても寝てくれない・・・という時に便利なのが代わりに赤ちゃんを抱っこしてくれるネムリラです。

◎揺らすだけで寝かしつけOK(電動なら自動)
◎キャリーで簡単に動かせるのでどこでも使える
◎簡易なベビーベッド代わりになる

お腹の中に居た時と同じ縦揺れが寝かしつけに良いと言っても疲れます・・・
エルゴの抱っこ紐なら通常の抱っこ紐より肩腰への負担が劇的に軽いので寝かしつけにも有効です。

◎寝かしつけのための縦揺れに楽
◎一人でも着脱可能な作り
◎勿論お出かけ時の利用もOK

赤ちゃんは環境の変化に敏感で一度興奮して泣き始めると中々自分で落ち着くことができません。
そんな時は大人同様、アロマで興奮を抑えリラックスさせると入眠してくれることがあります。

◎エッセンシャルオイルなので安心安全
◎価格がネムリラやエルゴと違い安価

おくるみ万博

コメント

タイトルとURLをコピーしました