Amazonでベビー用品を常に【 15%OFF!! 】で買う方法 ≫

スワドルアップの下に着る肌着は?春夏秋冬別に解説

スワドルアップまとめ
とうふママ
とうふママ

この記事は以下のような疑問にお答えする内容になっています

・スワドルアップの下には肌着が必須なの?

・暑い夏、寒い冬、微妙な春秋はスワドルアップの下に何を着せるべき?

おくるみは生後0~6ヶ月頃で使用するため、1年間を通しては使いませんが少なくとも2つの季節はまたいで使用します。

そのため、夏用おくるみ冬用おくるみの下にそれぞれ季節毎に何を着せれば良いか悩む・・・という方は多いと思います。

そこで今回は、そもそもスワドルアップの下に肌着は必ず着せるべきなのか、春夏秋冬の季節別にどんな下着が良いのか、についてご紹介します。

Amazonでベビー用品を15%OFFで買える?

ベビー用品はおむつ、粉ミルク缶などかさばる物が多いため、Amazonで購入の方も多いと思います。

しかし、Amazon側である「無料登録」をしていないと損しているのをご存知でしょうか?

とうふママ
とうふママ

え!?損してるの!?

とうふちゃん
とうふちゃん

Amazonファミリー」に無料登録すれば安いのにママは損してるです~

詳しいお得情報・特典・使い方はこちらにまとめているので、Amazonを利用する方は要チェックです!!

≫Amazonファミリーの特典・使い方

スポンサーリンク

スワドルアップの下は肌着を着せるべき?

まずはスワドルアップ着用時に下着を着せるべきか否かについてご説明します。

スワドルアップの下に肌着は可能な限り着せる

スワドルアップの下には可能な限りで問題無いので肌着を着せるようにしてあげましょう。

肌着を推奨する理由は、赤ちゃんは汗っかきのため、スワドルアップがすぐ汗まみれになってしまうためです。

スワドルアップを毎日洗って乾かす手間がかかりますし、肌着ほど汗の吸収も良くないため汗疹の原因や単純に風邪をひく原因になることもあります。

>スワドルアップの洗濯についてはこちら

できる限り肌着を着せてスワドルアップを衛生的に保てるようにしましょう。

とうふママ
とうふママ

ちゃんと下着を着ても汗疹が気になる・・・という敏感肌の赤ちゃんはこちらで対応を紹介しています

暑過ぎる夏日はスワドルアップ下の肌着無しも可

上記で下着を着せるべき、と紹介しましたが真夏で冷房を使用しても赤ちゃんが汗を大量にかく際は不要です。

無理に着せて汗を大量にかかせるよりは、下着無しで寝かせてあげた方が脱水症状などのリスクを減らすことができます。

もしスワドルアップのみで寝かせた際は、必ず早めスワドルアップを洗濯するようにしましょう。

朝涼しくなって汗をかいていないように思う時もありますが、夜中気付かない内に汗をかいていることもあり、何日も使用するのは不衛生です。

そのため、夏用スワドルアップは少なくとも2枚持っておくことをおすすめします。

とうふママ
とうふママ

あまりやる人はいないと思うけど、おむつは必ずした方が良いです!

とうふちゃん
とうふちゃん

お昼寝中でも出ちゃうときは出ちゃうです~

春夏秋冬季節毎にスワドルアップの下に着る肌着は?

出典:LOVE TREE(Ameba)

スワドルアップの下に着る肌着は公式で上記のように図で示されています。

しかし、この図は湿度が日本より低い外国で作成されたもののため、若干日本では異なる可能性が高いです。

上記の点に留意しつつ、季節ごとにおすすめの下着・肌着をご紹介します。

とうふママ
とうふママ

スワドルアップ(通年)は1.0TOG、スワドルアップ(バンブー・ライト)は0.2TOGになってます

春・秋のスワドルアップの下に着る肌着

春や秋など季節の変わり目は概ね室温20℃以下にならない程度が赤ちゃんの適温とされています。

そのため、スワドルアップ(通年)の下着は図の通りだと長袖の上下+半袖ボディスーツ(ロンパース)です。

スワドルアップ夏用は適用外ですが、上記より厚着をさせるイメージで使用は可能です

しかし、夏前と冬前でも湿度は大きく異なるため、上記の組み合わせを基本に、赤ちゃんの汗の様子などを見つつ調整しましょう。

とうふママ
とうふママ

Amazonで買おうかな、と思っている方は合わせてベビーレジストリを利用すれば無料ギフトがもらえるので合わせてお試しくださいね

夏のスワドルアップの下に着る肌着

夏の赤ちゃんにとっての適温は26~28℃とされています。

そのため、スワドルアップ(夏用)で下着は図の通りだと半袖ボディスーツ(ロンパース)です。

しかし、真夏で冷房を使用しても半袖ボディスーツすら暑く、赤ちゃんが汗を大量にかく場合は、おむつのみでの使用も視野に入れましょう。

また、下着はメッシュ生地が吸湿性・通気性が高くおすすめです。

冬ののスワドルアップの下に着る肌着

冬場の赤ちゃんにとっての適温は20~23℃とされています。

そのため、スワドルアップ(通年)の下着は図の通りだと長袖の上下+半袖ボディスーツ(ロンパース)です。

しかし、春秋と適温はほぼ同一ですが湿度が低い場合が多いため、気持ち厚着させてあげる程度がちょうど良いです。

とうふちゃん
とうふちゃん

赤ちゃん1人1人で感じ方は違うから上記を目安に調節してあげて欲しいです~

まとめ

・スワドルアップの下には衛生面も考え、できる限り肌着を着せた方が良いです。

・スワドルアップの下に着せる肌着は、下記を目安に微調整がおすすめです。
春秋:スワドルアップ(通年)で長袖の上下+半袖ボディスーツ
夏 :スワドルアップ(夏用)で半袖ボディスーツ
冬 :スワドルアップ(通年)で長袖の上下+半袖ボディスーツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました