Amazonでベビー用品を常に【 15%OFF!! 】で買う方法 ≫

肌に優しいおくるみは?【敏感肌・乾燥肌の赤ちゃん向】

PR
お得情報
とうふママ
とうふママ

この記事は以下のような疑問にお答えする内容になっています

・自分が敏感肌・乾燥肌だと自分の赤ちゃんも敏感肌になりやすい?

・敏感肌の赤ちゃんに普通のおくるみは良くない?

・肌荒れしやすい赤ちゃんには具体的にどんな素材のおくるみが良い?

日本人は諸外国人に比べ表皮が薄く、水分保持機能や外部刺激への耐性があまり強くない民族です。

らに日本人の3人に1人はアトピー性皮膚炎になりやすい敏感肌体質、とも言われています。

そのため、自分の子も敏感肌な気がするけどおくるみはどう選べばいいの?という人も多いでしょう。

そこで今回は、敏感肌は遺伝しやすいのか、敏感肌の赤ちゃんにはどんなおくるみが良いのかをご説明していきます。

とうふちゃん
とうふちゃん

おくるみは長時間肌に直接触れるので肌に優しいものが安心です~



敏感肌や敏感肌は遺伝する可能性が高い?

まずは赤ちゃんに肌質は遺伝しやすいのか、についてご説明します。

敏感肌・乾燥肌は遺伝の影響が大きい

敏感肌や乾燥肌は必ず遺伝する訳ではありませんが、遺伝の影響を強く受けるのは事実です。

そのため、敏感肌や乾燥肌の親からは似た体質の子供が産まれやすくなります。

遺伝は避けることはできませんが、敏感肌や乾燥肌はスキンケアである程度対処することが可能です。

自身や家族に敏感肌の人が多い場合、赤ちゃんも可能性が高いのでスキンケアに注意してください。

さらに赤ちゃんは元々肌荒れしやすい

生後間もない赤ちゃんは肌の厚さがまだ大人の2/3程度しかありません。

段々厚くなっていきますが数年間は薄いままなのでちょっとした刺激で肌荒れを起こす場合があります。

刺激とは、汚れたおむつを長時間着用する、肌触りの悪い服やおくるみを使用する、などです。

次の項目からは具体的に肌触りの良さと素材にこだわったおくるみを具体的にご紹介します。

肌に優しいおくるみはシルク素材

まずは素材の中でも最も肌に優しいシルクについてご紹介します。

なぜシルクのおくるみは肌に良い?

シルクは蚕の糸を紡いで作られる天然素材で主成分はアミノ酸由来のタンパク質です。

タンパク質は人間を構成する主成分のため、繊維の中では1番人の肌成分に近く低刺激であるとされています。

また、シルクは吸湿性、速乾性も高いため赤ちゃんの汗をきちんと吸いますが蒸れにくいです。

シルクのおくるみなら乾燥する季節はしっとり、蒸した時期はさらっと通年快適に過ごせます。

また、シルクは抗菌作用もあるため匂いにくいのもメリットです。

シルクのおくるみならTAMAMONO

シルクは敏感肌な赤ちゃんのおくるみ用素材としては確実に最優秀です。

しかしシルク素材は抜群の品質のためその分高価、かつ専用洗剤でないと洗濯できない場合が多くあります。

そこでおすすめなのがTAMAMONOのおくるみです。

シルク100%でありながら、洗濯機で他の洗濯物(洗剤問わず)と洗っても縮んだり破れたりしにくいです。

高価ですが洗濯も可能なため敏感肌や乾燥肌が気になる赤ちゃんには最もおすすめなおくるみになっています。

公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました