Amazonでベビー用品を常に【 15%OFF!! 】で買う方法 ≫

【夏編】退院時にオススメのおくるみは?【暑さ対策】

お得情報

・暑い夏の退院時におすすめできるおくるみはどんな特徴のおくるみ?

・具体的にはどんなブランド(商標)のおくるみがいいの?

とうふママ
とうふママ

このページは上記のような疑問にお答えする内容になっています

おくるみは赤ちゃんの寝かしつけグッズとして有名ですが、退院時にも良く使用される定番グッズです。

しかしいざ準備しようと思うと、夏だとどのおくるみがいいのかな?そもそもおくるみ要る?と、悩む方が多いと思います。

そこでこのページでは、暑い夏の退院時におすすめできるおくるみについて理由を交えながらご紹介していきます。

≫春・秋の退院時にオススメのおくるみはコチラ

≫冬の退院時にオススメのおくるみはコチラ

≫白(見た目)にこだわった退院時オススメのおくるみはコチラ



夏の退院時のおくるみ必要な要素

まずは夏の退院時のおくるみに大切なことと、このページでどんなおくるみを紹介していくか、という内容についてご紹介します。

夏の退院時のおくるみの要素①涼しさ

退院時は暑い外に出るタイミングがありますが、その暑い中赤ちゃんに負担をかけないよう涼しいおくるみを選ぶことは必須です。

涼しいおくるみとしては、基本的に綿やバンブーレーヨンのガーゼ生地などがおすすめの素材(生地)になります。

また、分かりやすい指標としてTOG値に着目することもおすすめです。

TOG値とは?

掛け布団の温かさ(熱の逃がしにくさ)を数値化した指標で、おくるみにも用いられます。

計算式は複雑なので、数字が小さいほど熱を逃がしやすい(涼しい・寒い)と覚えてくだされば十分です。

とうふちゃん
とうふちゃん

TOG値はどれくらいだと夏用なんです〜?

とうふママ
とうふママ

高くても0.5以下、理想は0.3前後だと思ってくれれば良いよ

夏の退院時のおくるみの要素②実用性

これは夏の退院時に限った内容ではありませんが、退院時だけしか使えないおくるみだと高い出費になってしまいます。

そこで大事なのが、退院後の生活でも使える実用性の高いおくるみを選ぶことです。

とうふママ
とうふママ

薄過ぎてすぐ破れる・見た目が貧相とかだとちょっとね…

そこでここからは、涼しめおくるみであることは大前提として、普段使いできることも重視したおくるみをご紹介していきます。

≫でも…やっぱり見た目にこだわたい!場合はコチラ

夏の退院時におすすめのおくるみ(具体例)

ここからは具体的に夏の退院時におすすめのおくるみをご紹介していきます。

とうふちゃん
とうふちゃん

涼しさ・実用性・価格の3つに着目していくです~

スワドルアップのおくるみ(バンブーライト:ステージ1)

おくるみの中の有名ブランドスワドルアップが販売している夏用おくるみがこのバンブーライトです。

バンブーレーヨンを使用しているため接触冷感があるだけでなく、TOG値も0.2とおくるみとしては最低クラスの値を実現しています。

また、ファスナータイプで簡単におくるみでき、モロー反射防止の効果も高いことから利便性も極めて高いおくるみです。

とうふちゃん
とうふちゃん

じゃあ夏の退院時のおくるみはスワドルアップ(バンブーライト)で決まりです~

とうふママ
とうふママ

ちょっと待ってね!良いおくるみだけどちょっと気になるポイントもあるの!

気になるのは見た目価格の高さです。

スワドルアップ(バンブーライト)はカラーバリエーションが1,2種類しかないため、見た目にこだわりにくく、1つ4,600円前後となかなか高額な設定になっています。

とうふちゃん
とうふちゃん

この後紹介するエイデン&アネイは2枚買えちゃうです~

とうふママ
とうふママ

かなり便利なおくるみなのは間違い無いので予算と良く相談して購入してくださいね

涼しさ
暑い
涼しい
実用性
低い
高い
価格
安い
1千円
2千円
3千円
4千円
5千円
高い

≫スワドルアップのサイズ選び方などもっと詳しく

エイデン&アネイのおくるみ(シルキーソフト)

おくるみの最大手ブランドであるエイデン&アネイもバンブーレーヨンを使用したおくるみを販売しており、名前は「シルキーソフト」です。

接触冷感のあるツルツルとした手触りのため、暑い夏でも比較的使いやすいおくるみになっています。

成型済のおくるみであるスワドルアップと異なり、1枚の布の形状なので基本巻き・おひな巻きなど覚えて巻いてあげる必要があります。

とうふちゃん
とうふちゃん

巻き方覚えて…とかちょっと面倒そうです~?

と、少し面倒に感じるかもしれませんが、意外と簡単ですし、何より自分で巻く強さ・見た目を自由に変えられるため、退院時のおくるみとしてはかなりオススメです。

また、複数枚セット売りであれば1枚2,000円前後で購入できるため、コストパフォーマンスが最も高くなっています。

涼しさ
暑い
涼しい
実用性
低い
高い
価格
安い
1千円
2千円
3千円
4千円
5千円
高い

≫エイデン&アネイの他の種類などはコチラ

ココムーンのおくるみ

ココムーンはハワイ発・柄は全てハワイアン・素材は全てバンブーレーヨンという夏の使用にピッタリのおくるみブランドです。

接触冷感を持つバンブーレーヨン製のおくるみでここまで柄の種類を揃えているブランドは他にないため、好みの柄も見つけやすいと思います。

具体的に扱っている柄は下記の画像のようにフラガールやパイナップルなど可愛いハワイアンなものになっています。

  

出典:COCOMOON公式HP

価格は3,500円前後のバラ売りのため、エイデン&アネイと比べると少し高額な設定です。

涼しさ
暑い
涼しい
実用性
低い
高い
価格
安い
1千円
2千円
3千円
4千円
5千円
高い

スワドルデザインズのおくるみ(マーキゼット)

ここまで紹介したおくるみのようにバンブー素材ではありませんが、スワドルデザインズのマーキゼットおくるみも比較的涼しい作りです。

マーキゼットというのはからみ織りという意味で、通気性が高い編み方になっており熱がこもりにくいため、比較的暖かい季節でも使いやすくなっています。

価格帯はバラ売りでもセット売りでも1枚2,000円前後でエイデン&アネイとほぼ同じ価格帯になっています。

とうふママ
とうふママ

エイデン&アネイほどメジャーではないので被りたくない人にはコチラがおすすめです

涼しさ
暑い
涼しい
実用性
低い
高い
価格
安い
1千円
2千円
3千円
4千円
5千円
高い

【涼しさ&コスパ重視!!】夏におすすめのおくるみを一挙紹介!!のまとめ

・暑い夏の退院時におすすめできるおくるみは涼しさと退院時以外でも使える利便性を兼ね備えたおくるみです。

・具体的にはスワドルアップ(バンブーライト)、エイデンアネイ(シルキーソフト)、ココムーン、スワドルデザインズ(マーキゼット)などがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました