夏用おくるみはコチラから! ≫

9月・10月秋生まれ赤ちゃん用おくるみ【選び方&人気オススメ】

誕生月で選ぶ

・9月から10月の秋に生まれる赤ちゃんのおくるみの選び方は?

・9月から10月秋生まれの赤ちゃんに人気&オススメのおくるみは?

とうふママ
とうふママ

このページでは上記の疑問にお答えするため下記のおくるみをご紹介します

おくるみは最近、色柄だけでなく、整形済おくるみから1枚布おくるみまで様々な種類のものが販売中です。

しかし、種類が増えても対象季節がはっきりと記載されているものが少ないため、9・10月生まれの赤ちゃんにはどのおくるみが良いの?と悩んでしまう方も多いと思います。

そこでこのページでは、9・10月生まれの赤ちゃん用のおくるみの選び方や人気おすすめおくるみについてご紹介します。



9月から10月の秋生まれ赤ちゃんのおくるみ【選び方】

まず最初に、9月から10月の秋産まれの赤ちゃんのおくるみ選びのポイントをまとめると下表のようになります。

9~10月生まれのおくるみの選びのポイント
  1. おくるみを使う季節は秋冬春
  2. おくるみの枚数は2〜4枚
  3. おくるみの利便性を考える
優先順は①→③
とうふちゃん
とうふちゃん

順番に紹介していくです〜

おくるみを使う季節は秋冬春

詳しい理由はコチラで紹介していますが、おくるみの使用期間は新生児〜長くても生後5・6ヶ月頃くらいまでとされています。

その為、9月・10月の秋生まれの赤ちゃんがおくるみを使用する期間は、9月~3月頃の約6ヶ月間くらいで、季節は秋・冬・春です。

とうふママ
とうふママ

9月・10月だけに使うんじゃないんだな、と知っておくことが大事です

また、先に3ヶ月でおくるみは絶対に卒業する、と決めて置く場合は冬の使用のみで乗り切ることもできます。

おくるみの枚数は2枚〜4枚

おくるみは可能な限り1枚のみでの運用は避け、洗替え用を準備しておくことをおすすめします。

とうふママ
とうふママ

予備があれば突然の吐き戻し・おむつ交換の失敗にも対応できるので予備が1枚あると楽ですよ

そのため、9・10月生まれの赤ちゃんの場合おくるみの枚数は、洗替え含め『春・秋用:2枚』『冬用:2枚』が準備できればベストです。

ただ、予算の都合上合計4枚の準備は難しい…という場合は、春秋用と冬用をそれぞれ1枚ずつ準備し、肌着やお布団等で調節することをオススメします。

とうふちゃん
とうふちゃん

複数枚まとめて買うならセット販売が安いのでオススメです〜

≫セット販売でお得なおくるみを見る

おくるみの利便性を考える

実はおくるみには整形済おくるみ1枚布おくるみの2種類があり、それぞれ便利なポイント等が異なります。

整形済おくるみ
1枚布おくるみ
  • 楽におくるみできる
  • いつでも同じ状態にできる

『成形済おくるみ』は、洋服のような感覚でファスナーの開閉だけで簡単におくるみでき、巻き方を覚える必要がありません。

ササっと簡単におくるみできますので、時短重視の方には特におすすめです。

『1枚布おくるみ』は、どの月齢の赤ちゃんでもおくるみ可能で、長い期間使うことができ経済的なおくるみとなっています。

また、1枚布おくるみは複数枚セットで購入すると、1枚あたりの値段がかなりお安くなる為おすすめです。

9月から10月生まれ赤ちゃんにオススメのおくるみ

9月〜11月・3月頃の秋春向けおくるみ

エイデンアンドアネイ(クラシック)

エイデンアンドアネイは1枚布おくるみを扱う数あるブランド中でも、一番人気&スタンダードなおくるみです。

素材は綿100%で、肌触りがとても良く、デリケートな赤ちゃんにも安心して使うことができます。

また、サイズは120cm×120cmとおくるみの中では最も大判の為、生まれてすぐの新生児から最長生後6ヶ月頃まで長い期間使用可能です、

複数枚セット販売の種類も多く、2枚〜4枚の組み合わせがあり、1枚あたり2,000円前後と他のおくるみに比べて安価になっています。

≫エイデンアンドアネイのおくるみをもっと見る

スワドルアップ(オリジナル)

オリジナルはスワドルアップの中でも、オールシーズン用(通年版)として販売されているスタンダードなタイプです。

使用している素材はコットン93%・ポリウレタン7%と、コットン100%ではありませんが、その分伸縮性が高めになっています。

構造はファスナー式の整形済おくるみの為、赤ちゃんの足と腕を入れて、中央のファスナーをあげるだけで誰でも簡単におくるみ可能です。

また、スワドルアップシリーズはママのお腹の中にいた時と同じような姿勢になるようつくられており、赤ちゃんにとって心地良い自然な睡眠姿勢になるよう設計されています。

≫スワドルアップをもっと見る

スワドルサック

スワドルサックは上記のスワドルアップと同じファスナー式の整形済おくるみです。

スワドルアップとの違いはコチラに詳しくまとめていますが、赤ちゃんの腕を収納する部分の構造が異なっています。

ざっくり腕部分の構造を説明すると、おくるみにミトンがついたような形なので、赤ちゃんの腕を出し入れすることが可能です。

とうふちゃん
とうふちゃん

ずっと腕出せないのは可哀想だし出し入れできる整形済おくるみが欲しいな、という方にオススメです〜

また、腕の出し入れが可能なため、スワドルサックはおくるみ卒業練習ができる、というメリットもあります。

≫スワドルサックをもっと見る

12月〜2月頃の冬向けおくるみ

エマムール

エマムールは整形済おくるみの中でも綿100%の3層構造と厚みがあり、保温・保湿性に優れています。

とうふちゃん
とうふちゃん

冬はやっぱり温かいおくるみがいいです〜

また、エマムールは他の整形済おくるみにはない、『締め付け調節帯』と『3層構造リバーシブル』という機能を持っています。

締め付け調節機能は、赤ちゃんをおくるみした後、赤ちゃんの好みの締め付け感に調節することができる機能です。

赤ちゃん一人一人個人差がありますので、それぞれの心地良いポイントを見つけることができます。

3層構造リバーシブルは、リバーシブルデザインの為、片面が汚れてしまっても裏返してそのまま使用することができる機能です。

少しだけ汚れてしまった時等、サッと裏返すだけで良いので便利です。

とうふママ
とうふママ

機能面の充実なら全おくるみ中NO.1レベルとなっています

スターラップ

スターラップはイギリスのベビー用品ブランドTuppence&Crumble(タッペンス&クランブル)のおくるみで、名前の通りきれいな星型です。

とうふちゃん
とうふちゃん

スターラップは星型の中でもまるっこいのでヒトデ型と言われることもあるです〜

≫他の星型おくるみをもっと見る

構造は中心部分を開いて、星のとがった5つの頂点にそれぞれに赤ちゃんの頭・手・足を入れ込むような形でおくるみします。

また、手の部分は袖口をひっくり返すことで手が出せる構造になっているためミトンのようなイメージでも使用可能です。

素材はポリエチレンテレフタラート100%で一般的には『フリース素材』と呼ばれており、保温性が高いので、冬のおくるみにピッタリとなっています。

≫スターラップをもっと見る

白雲

白雲今治タオルブランドのおくるみで、綿100%の厚めのタオル生地と温かい作りになっています。

サイズはフード部分も含めて75cm×75cmで、おくるみとしては小さめの部類ですが、新生児~生後3ヶ月頃の赤ちゃんをおくるみするのにピッタリです。

また、今治タオルブランドは伊達ではなく、おくるみなのに高級タオル並の極上の手触りと吸水性を実現しています。

とうふママ
とうふママ

お祝い事でもらうタオル並の手触りですよ!

吸水性のレベルとしては、赤ちゃんの沐浴上がりでもこれ1枚あれば十分なほどです。

≫白雲など厚めタオル生地おくるみをもっと見る

9月・10月秋生まれ赤ちゃん用おくるみ【選び方&人気オススメ】のまとめ

・9月から10月生まれの赤ちゃん用おくるみを選ぶ時は、使う季節が秋冬春であることを意識することが大切です。

・用意するおくるみは春秋用2枚、冬用2枚がベストです。

・予算の都合が合わなければ春秋用と冬用1枚ずつでも大丈夫ですが、汚さないように注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました