夏用おくるみはコチラから! ≫

5月から6月生まれ赤ちゃんのおくるみ【選び方&人気オススメ】

誕生月で選ぶ

・5月から6月生まれの赤ちゃんのおくるみはどう選べばいい?

・5月から6月生まれの赤ちゃんのおくるみで人気&オススメは?

とうふママ
とうふママ

このページで扱うおくるみは下記のようになっています

おくるみは様々な色・デザインのものが販売されていますが、いつの季節向けであるかは特段記載されていないことが多いです。

そのため、5月,6月生まれの赤ちゃんにはどのおくるみが良いのかな…と悩む方が多いと思います。

そこでこのページでは、5月,6月生まれの赤ちゃんにピッタリのおくるみの選び方・具体的に人気・オススメのおくるみをご紹介します。

≫退院時用の真っ白おくるみはコチラ



5月から6月生まれ赤ちゃんのおくるみ【選び方】

まず、5月から6月生まれの赤ちゃん用おくるみを選ぶ際に考えるべきポイントをまとめると以下の3点になります。

選ぶ時に考えるべきポイント
  1. おくるみを使う期間・季節
  2. おくるみの枚数
  3. おくるみの利便性
①→③の順で重要!!
とうふちゃん
とうふちゃん

詳しい理由をそれぞれ紹介していくです〜

おくるみを使う期間・季節を考える

おくるみの使用期間は、生後0ヶ月〜長くて5,6ヶ月くらいとされています。

≫おくるみを6ヶ月頃には卒業すべき理由

そのため、5月から6月生まれの赤ちゃんがおくるみを使用する期間は5月〜11月頃で、季節は春・夏・秋です。

とうふママ
とうふママ

5月6月の春先のことだけ考えるのは危ないってことですね

また、11月は冬が近づき寒くなる季節なので、その前にはおくるみを卒業させる、と事前に決めておくやり方もオススメです。

とうふちゃん
とうふちゃん

おくるみ卒業の目標を事前に立てておくのは大事です〜

おくるみの枚数を考える

おくるみは可能であれば1枚は洗替えを持っておくことをオススメします。

理由は突然の汚れ(おむつ漏れや吐き戻しなど)で汚れてしまう場合があるためです。

とうふママ
とうふママ

因みにおくるみはバラ売りよりセット売りの方が1枚あたり数百円安いです!

≫セット販売のおくるみはコチラ

そのため、5月から6月生まれの赤ちゃんには『5月・6月・10月・11月の春・秋用:2枚』、『7月・8月・9月の夏用:2枚』のおくるみ準備がベストとなります。

ただ、合計4枚のおくるみ準備は予算上厳しい…という場合は、『春・夏用:1枚』・『夏用:1枚』で汚さないように使いまわしましょう。

おくるみの利便性を考える

おくるみは概ね整形済おくるみと1枚布おくるみに分けられ、便利な点・メリットが異なります。

とうふちゃん
とうふちゃん

簡単にそれぞれまとめると以下のような感じです〜

整形済おくるみ
1枚布おくるみ
  • 楽におくるみできる
  • 巻き方覚える必要無
  • 0〜5,6ヶ月まで長く使える
  • セット買いでお得に買える

詳しくは上記のリンク先で解説していますが、整形済おくるみの便利な点は、ファスナーで服を着せるように簡単におくるみできる点です。

いちいち動く赤ちゃんに苦戦しながら巻く手間は省けるので時短重視する方にはオススメになります。

対して1枚布は広げるとただの布なので、どんな月齢の赤ちゃんでもおくるみ可能です。

また、セットで購入すれば安いので、コスパを重視する方にオススメできます。

5月から6月生まれ赤ちゃんにオススメのおくるみ

ここからは具体的に5月から6月生まれの赤ちゃんにオススメできるおくるみをご紹介します。

とうふママ
とうふママ

春秋向け・夏向け、整形済・1枚布、それぞれ分けてご紹介するので安心してください

春秋向けおくるみ【5月〜6月・10月〜11月】

エイデンアンドアネイ クラシック(1枚布)

クラシック」は、エイデンアンドアネイの1枚布おくるみラインナップの中で最もスタンダードなコットン100%のおくるみです。

とうふちゃん
とうふちゃん

エイデンアンドアネイで検索したらほぼ100%出てくるのはこれです〜

ずっとおくるみ業界最大手として君臨してきたブランドのため、ほつれにくさ、生地の柔らかさともに定評があります。

おくるみの大きさは全て120cm×120cmの大判サイズのため0ヶ月〜おくるみを卒業までずっと使用可能です。

また、上記画像のように複数枚セット販売が多く1枚あたり2,000円を切るためコスパの高さも魅力となっています。

≫エイデン&アネイをもっと詳しく

スワドルアップ ライト(整形済)

スワドルアップ「ライト」は、スワドルアップシリーズの中でも春秋向に作られた整形済おくるみです。

素材はコットン97%・ポリウレタン3%のため少し伸縮性を持った作りになっています。

特徴としては、通常のスワドルアップ「オリジナル」よりも約30%薄手の生地なっていることです。

とうふママ
とうふママ

初夏・残暑の時期にちょうどいい薄さです!

また、中心のファスナーを開けて赤ちゃんに着せるだけでおくるみ完了のため、整形済おくるみの中でも利便性が高い方になっています。

≫スワドルアップのサイズ選びはコチラ

スワドルサック(整形済)

スワドルサックはスワドルデザインズというアメリカ発祥のブランドが販売している整形済おくるみです。

スワドルアップと同様に赤ちゃんを入れてファスナーを閉めるだけの構造なので簡単におくるみできます。

スワドルアップとの違いは柄以外に、腕部分が袖のように出し入れ可能になっている点です。

とうふちゃん
とうふちゃん

腕を出し入れできるからおくるみ卒業練習にも対応してるです〜

生地はオールシーズン用のものしかありませんが、夏・冬以外は肌着の調整で問題なく使用できます。

≫スワドルサックのサイズ選びはコチラ

夏向けおくるみ【7月・8月・9月】

スワドルミーアームスフリー(整形済)

スワドルミーアームスフリーは、今は製造がなくなってしまった4〜6ヶ月前後の赤ちゃん向けスワドルミー(ラップサック)の後継モデルです。

ファスナー式で楽&薄手で夏もOK&スワドルアップステージ2より安い、という良いおくるみですが日本での取り扱いがほぼ無い状態でした。

とうふママ
とうふママ

なので、当サイトで仕入れちゃいました!

他にもファスナーは上下から開閉可能の2wayタイプで、おくるみしたままでもオムツ替えしやすい、腕を出し入れ可能とメリットの多いおくるみなので是非チェックしてみてください。

≫スワドルミーアームスフリーをもっと詳しく

スワドルアップ バンブーライト(整形済)

スワドルアップ「バンブーライト」は、バンブーレーヨン95%・ポリウレタン5%素材の整形済おくるみです。

スワドルアップシリーズの中でも1番薄手&レーヨン製のため接触冷感のある作りになっています。

≫バンブーレーヨン&接触冷感とは?

通常のスワドルアップと形状や構造は同じなのでファスナーで簡単におくるみ可能な点は一緒です。

しかし、通素材が異なるので表面の手触りが少しツルツルした感触になっているのは通常のスワドルアップと違う点になっています。

≫スワドルアップのサイズ選びはコチラ

エイデンアンドアネイ シルキーソフト(1枚布)

エイデンアンドアネイの「シルキーソフト」は、バンブーレーヨン製の1枚布おくるみで、シルクのようなツルツルした肌さわりになっています。

また、バンブーレーヨン製のおくるみなので接触冷感を備えており、暑い夏の使用にも適しています。

大きさは120cm×120cmサイズで通常のエイデンアンドアネイのおくるみ(クラシック)と同じで、セット販売のパッケージもそっくりです。

とうふちゃん
とうふちゃん

見た目だとパッと違いが分からないので買うときは要注意です〜

≫エイデン&アネイをもっと詳しく

5月・6月生まれ(出産)赤ちゃんのおくるみ【選び方&人気オススメ】まとめ

・5月から6月生まれの赤ちゃん用おくるみを選ぶ時は、使う季節(5月〜11月)と枚数、利便性を考えるのが大切です。

・5月から6月生まれだと春秋用おくるみ×2枚、夏用おくるみ×2枚があるとベストです

タイトルとURLをコピーしました