Amazonでベビー用品を常に【 15%OFF!! 】で買う方法 ≫

スワドルミーのサイズ・種類選び方【実店舗販売は?】

スワドルミー
★スワドルミーの卒業時期?種類?危険性?疑問に全部お答え★

【まとめ】スワドルミー徹底解説はこちら
とうふママ
とうふママ

この記事は以下のような疑問にお答えする内容になっています

・スワドルミーを購入しようと思うのだけど3種類に分かれてるって本当?

・スワドルミーのサイズはどうやって選べばいいの?

・スワドルミーは実店舗販売がないの?

スワドルミーは最近人気のため、おくるみについて調べているとよく目にします。

しかし、サイズや種類がいくつもあり、どれが良いか迷ってしまう人も多いと思います。

そこで今回は、スワドルミーの種類、スワドルミーの種類別サイズの選び方、スワドルミーがどこで売っているのか、についてご紹介します。

とうふちゃん
とうふちゃん

スワドルミーがいつからいつまで使えるかはこちらです~

Amazonでベビー用品を15%OFFで買える?

ベビー用品はおむつ、粉ミルク缶などかさばる物が多いため、Amazonで購入の方も多いと思います。

しかし、Amazon側である「無料登録」をしていないと損しているのをご存知でしょうか?

とうふママ
とうふママ

え!?損してるの!?

とうふちゃん
とうふちゃん

Amazonファミリー」に無料登録すれば安いのにママは損してるです~

詳しいお得情報・特典・使い方はこちらにまとめているので、Amazonを利用する方は要チェックです!!

≫Amazonファミリーの特典・使い方

スポンサーリンク

スワドルミーのサイズ選びは種類確認から

まずは自分の子にどの種類のスワドルミーが適しているのか確認しましょう。

スワドルミーPod(First stage)

スワドルミーPod(ポッド)はスワドルミーの中でも最も月齢の幼い赤ちゃん向のシリーズです。

通常のスワドルミー(オリジナル)ほど日本での知名度がないためご存じない方も多いと思います。

対象月齢は0ヶ月から2ヶ月となっているため新生児でも使用可能です。

FEATURES AND BENEFITS(中略)newborn fits 0-2 months(後略)
出典:Summer Infant公式HPSwaddleme Pod 商品ページ

スワドルミーPodの特徴はサイズの小ささと、ジッパーでの開閉式になっていることです。

サイズは23cm×15cmと他のスワドルミーに比べて小振りなサイズになっています。

ダブルジッパー式のため赤ちゃんを簡単にくるめるだけでなく、くるんだままおむつ交換も可能です。

スワドルミーオリジナル(Second stage)

スワドルミーオリジナルは一般的に日本で「スワドルミー」として販売されている物です。

対象月齢は0ヶ月から6ヶ月となっているためスワドルミーPodよりも使用可能月齢が広くなっています。

厳密には日本の公式サイトには体重3kgから使用可能と記載があるので、それ以下の場合はPodにしましょう。

対象 体重:(S)約3~6kg(後略)
出典:日本育児公式HP スワドルミー ページ

一般的なおくるみと比較して目立つスワドルミーの特徴は、構造です。

通常のおくるみは1枚布のような形状ですがスワドルミーは足ポケットとマジックテープが付いています。

そのため、赤ちゃんの足をポケットに入れ、マジックテープで上部分を留めるだけでおくるみ完成です。

通常のおくるみのように巻き方を覚える必要もないため、かなりおくるみの負担が軽くなります。

とうふママ
とうふママ

類似品のスワドルアップについてはこちらからどうぞ

スワドルミーラップサック&ラブサック(Third stage)

スワドルミーラップサックとスワドルミーラブサックは生後5ヶ月前後から用のスワドルミーです。

5ヶ月前後からの理由は、多くの赤ちゃんが生後4~6ヶ月頃になると寝返りの兆候を示し始めるためです。

寝返り開始後まで腕を包むスワドルミーオリジナルを使用するのは危険が多くなります。

そのため、寝返りの気配を感じたら早めにスワドルミーラップサック(ラブサック)に移行しましょう。

ラップサックとラブサックの特徴は、赤ちゃんの腕を出した状態でくるめることです。

そのため万が一寝返りしようと腕をばたつかせても危険が少なくなります。

また、ラップサックとラブサックの違いは着せたままの状態でおむつ替えなどが可能なジッパーの有無です。

ラップサックはジッパー無しで、ラブサックはジッパー有となっています。

とうふちゃん
とうふちゃん

類似品のスワドルアップステージ2はこちらです~

スワドルミーの各種サイズの選び方

次は具体的にスワドルミーの種類毎のサイズの選び方をご説明します。

スワドルミーPod(First stage)

スワドルミーPodは0~2ヶ月頃の新生児用のスワドルミーのため小さい1サイズしか販売されていません。

対象体重は2.3kg〜5.44kgとレンジは広いですが5kgの赤ちゃんまでは入らないことが多いと思います。

また、成長が早い子だと生後1ヶ月目の後半にはきつくなってくる場合有です。

そのため、産まれたばかりからすぐにおくるみを使いたい場合のみ、スワドルミーPodをおすすめします。

スワドルミーオリジナル(Second stage)

スワドルミーオリジナルは0~6ヶ月頃用のスワドルミーでサイズはS(兼M)とLの2種類が販売されています。

対象体重とスワドルミーの寸法は以下の通りです。

サイズ対象体重着丈巻付部
S(M)3~6kg51×32幅73cm
L6~9kg65×35幅73cm

基本的にスワドルミーオリジナルは0ヶ月~4ヶ月前後までの使用のため、Sサイズがおすすめです。

少し大きめの赤ちゃんの場合はLサイズでもOKですがその分少しぶかぶかになる場合があります。

スワドルミーラップサック&ラブサック(Third stage)

スワドルミーラップサックとラブサックは5ヶ月前後~用のおくるみでS(兼M)とLの2種類が販売されています。

対象体重とスワドルミーの寸法は以下の通りです。

サイズ対象体重着丈
S(M)3~6kg62×39
L6~9kg64×41

基本的に5ヶ月前後から使用するスワドルミーのためLサイズにしましょう。

S(M)サイズはかなり小柄な赤ちゃんでもすぐにサイズアウトし着れなくなる可能性が高いです。

スワドルミーの実店舗販売は無い?どこで買える?

次はスワドルミーの実店舗販売の有無についてご説明します。

スワドルミーの実店舗販売は現状ほぼ無い

スワドルミーは現在日本での大手ベビーグッズ専門店(西松屋など)では取り扱っていません。

そのため、町の個人商店では扱っている場合もありますが、基本的には店頭販売は無しです。

類似品のおくるみが販売されている場合がありますが、スワドルミーのロゴが無い場合が多いため要注意です。

スワドルミーは通販なら簡単に購入可能

スワドルミーは以前は日本育児が公式サイトで通販を行っていましたが現在販売終了し在庫もありません。

そのため、日本育児以外の通販サイトを利用する必要があります。

別の通販サイトでは、Amazon楽天に多く出品されています。

日本の販売店が出品しているため、普段使い慣れている方法で問題無く購入することが可能です。

まとめ

・スワドルミーは新生児向のPod(ポッド)、0~4ヶ月頃用のオリジナル、5~6ヶ月用のラップサック&ラブサックに分かれています。

・スワドルミーのサイズは種類ごとに赤ちゃんの体重を目安に決めましょう。

・スワドルミーは現在実店舗販売は基本的にありません。通販サイトを利用しましょう。

★スワドルミーの卒業時期?種類?危険性?疑問に全部お答え★

【まとめ】スワドルミー徹底解説はこちら
スワドルミー 寝かしつけ用で探す
スポンサーリンク
とうふをフォローする
おくるみでも寝ない時の強い味方!

おくるみをしても抱っこをしても寝てくれない・・・という時に便利なのが代わりに赤ちゃんを抱っこしてくれるネムリラです。

◎揺らすだけで寝かしつけOK(電動なら自動)
◎キャリーで簡単に動かせるのでどこでも使える
◎簡易なベビーベッド代わりになる

お腹の中に居た時と同じ縦揺れが寝かしつけに良いと言っても疲れます・・・
エルゴの抱っこ紐なら通常の抱っこ紐より肩腰への負担が劇的に軽いので寝かしつけにも有効です。

◎寝かしつけのための縦揺れに楽
◎一人でも着脱可能な作り
◎勿論お出かけ時の利用もOK

赤ちゃんは環境の変化に敏感で一度興奮して泣き始めると中々自分で落ち着くことができません。
そんな時は大人同様、アロマで興奮を抑えリラックスさせると入眠してくれることがあります。

◎エッセンシャルオイルなので安心安全
◎価格がネムリラやエルゴと違い安価

おくるみ万博

コメント

タイトルとURLをコピーしました