Amazonでベビー用品を常に【 15%OFF!! 】で買う方法 ≫

スワドルミーとラップサック(アームスフリー)の違い

スワドルミー
スワドルミーの卒業時期?種類?危険性?疑問に全部お答え★

【まとめ】スワドルミー徹底解説はこちら
とうふママ
とうふママ

この記事は以下のような疑問にお答えする内容になっています

・スワドルミーのラップサックとは?スワドルミーとの違いは?

・スワドルミーラップサックのメリット・デメリットは?

・スワドルミーアームスフリーって何?

スワドルミーを調べていると少し形状の違うスワドルミーラップサックも出てきます。

このスワドルミーラップサックはあまり有名ではないため、詳しく知らない人も多いと思います。

そこで今回は、スワドルミーとラップサックの違い、スワドルミーラップサックのメリット、スワドルミーをずっと使い続けるのはどうか、についてご紹介します。

とうふちゃん
とうふちゃん

スワドルミーについてのまとめ記事はこちらからです~

Amazonでベビー用品を15%OFFで買える?

ベビー用品はおむつ、粉ミルク缶などかさばる物が多いため、Amazonで購入の方も多いと思います。

しかし、Amazon側である「無料登録」をしていないと損しているのをご存知でしょうか?

とうふママ
とうふママ

え!?損してるの!?

とうふちゃん
とうふちゃん

Amazonファミリー」に無料登録すれば安いのにママは損してるです~

詳しいお得情報・特典・使い方はこちらにまとめているので、Amazonを利用する方は要チェックです!!

≫Amazonファミリーの特典・使い方

スポンサーリンク

スワドルミーラップサックとは

まずはスワドルミーのラップサックがどんなおくるみかご説明します。

スワドルミーラップサックってどんなおくるみ?

スワドルミーラップサックはスワドルアップステージ2同様少し成長した赤ちゃん用のおくるみです。

使用時期はサイズと赤ちゃんの成長にもよりますが概ね2ヶ月~6ヶ月頃となっています。

構造はスワドルミーと同様に足ポケットがついた既製品のおくるみのため、赤ちゃんの足を入れてすぐくるむ事が可能です。

また、腕の部分は左右からおりたたんでマジックテープで留めるだけのため通常のスワドルミーと使用方法もほぼ同じです。

スワドルミーラップサックとスワドルミーの違いは?

スワドルミーラップサックと通常のスワドルミーの違いは赤ちゃんの腕を出した状態でもおくるみできるか否かです。

スワドルミーラップサックなら上記の画像のように赤ちゃんの腕の下でマジックテープを留めることで腕を出すことができます。

腕を出せる構造になっている理由は、寝返りのリスクやおくるみ卒業を視野に入れているためです。

スワドルミーラップサックのメリットとデメリット

次はスワドルミーラップサックのメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット①:おくるみ卒業の練習ができる

スワドルミーに慣れてしまうと、いきなりスワドルミー無しで寝かしつけても上手くいかない場合があります。

これは体全体をくるまれている感覚が急に無くなってしまうことが原因です。

しかし、スワドルミーラップサックならまず腕だけを出した状態を作ることができます。

そのため、少しずつおくるみが無い状態に近づけ慣らすことができるため、おすすめです。

メリット②:通常のスワドルミーより長く使用できる

普通のスワドルミーは腕が出せないため、万一に備え寝返りの兆候が見える4ヶ月前後までには卒業すべきです。

しかし、スワドルミーラップサックなら腕が出せるため、寝返りが本格化する(6ヶ月前後)まで使用できます。

とうふママ
とうふママ

サイズの選び方などはこちらを参考ください

デメリット:製造が終了しているため入手しにくい

スワドルミーラップサックは良いおくるみですが残念ながら製造元のSummer Infantが製造を終了しています。

そのため、新規の入荷がほぼなく現状新品を入手しづらいことが1番のデメリットです。

(次の項目で紹介しますが、アメリカでは生産がスワドルミーアームスフリーに移行済)

欲しいサイズのスワドルミーラップサックに在庫があった際は、早めの購入をおすすめします。

とうふちゃん
とうふちゃん

在庫が無い場合、スワドルアップステージ2が類似のおくるみなのでおすすめです~

スワドルミーアームスフリーとは?

出典:Summer Infant 公式HP(アメリカ)

次はスワドルミーアームスフリーという商品についてご説明します。

スワドルミーラップサックの後継モデル

アメリカのSummer Infant社はスワドルミーラップサックの製造を止め、スワドルミーアームスフリーの製造に移行しました。

そのため、スワドルミーアームスフリーはスワドルミーラップサックの後継(改良品)という位置付です。

デザインは大きく変更されている訳ではありませんが、ファスナーが中心に設置され、おくるみしたままでのおむつ替えなどが可能になっています。

スワドルミーアームスフリーを扱う日本店舗はない

スワドルミーアームスフリーは現状日本での販売が確認できていません。

そのため、入手するにはアメリカのAmazonなどを使用し、個人で輸入する必要があります。

とうふママ
とうふママ

他に日本で入手できる方法ができ次第更新しますね

まとめ

・スワドルミーラップサックは赤ちゃんの腕を出した状態でおくるみできる点が特徴です。

・スワドルミーラップサックのメリットは長く使えることと、おくるみ卒業の練習ができることです。

・デメリットは在庫が少ない点で、在庫切れの際はスワドルアップステージ2が代替品としておすすめです。

★スワドルミーの卒業時期?種類?危険性?疑問に全部お答え★

【まとめ】スワドルミー徹底解説はこちら
スワドルミー 寝かしつけ用で探す
スポンサーリンク
とうふをフォローする
おくるみでも寝ない時の強い味方!

おくるみをしても抱っこをしても寝てくれない・・・という時に便利なのが代わりに赤ちゃんを抱っこしてくれるネムリラです。

◎揺らすだけで寝かしつけOK(電動なら自動)
◎キャリーで簡単に動かせるのでどこでも使える
◎簡易なベビーベッド代わりになる

お腹の中に居た時と同じ縦揺れが寝かしつけに良いと言っても疲れます・・・
エルゴの抱っこ紐なら通常の抱っこ紐より肩腰への負担が劇的に軽いので寝かしつけにも有効です。

◎寝かしつけのための縦揺れに楽
◎一人でも着脱可能な作り
◎勿論お出かけ時の利用もOK

赤ちゃんは環境の変化に敏感で一度興奮して泣き始めると中々自分で落ち着くことができません。
そんな時は大人同様、アロマで興奮を抑えリラックスさせると入眠してくれることがあります。

◎エッセンシャルオイルなので安心安全
◎価格がネムリラやエルゴと違い安価

おくるみ万博

コメント

タイトルとURLをコピーしました