Amazonでベビー用品を常に【 15%OFF!! 】で買う方法 ≫

おくるみを繊維・素材で選ぶ

おくるみは絹(シルク)、ウール、コットンなど様々な素材から作られています。

用いた素材によって肌触りや暖かさが異なるため、素材から選ぶ方法もおすすめです。

Amazonでベビー用品を15%OFFで買える?

ベビー用品はおむつ、粉ミルク缶などかさばる物が多いため、Amazonで購入の方も多いと思います。

しかし、Amazon側である「無料登録」をしていないと損しているのをご存知でしょうか?

とうふママ
とうふママ

え!?損してるの!?

とうふちゃん
とうふちゃん

Amazonファミリー」に無料登録すれば安いのにママは損してるです~

詳しいお得情報・特典・使い方はこちらにまとめているので、Amazonを利用する方は要チェックです!!

≫Amazonファミリーの特典・使い方

スポンサーリンク

繊維・素材の比較表

素材ごとの特徴をまとめると以下の表のようになります。

素材からおくるみを選ぶ際の参考にしてください。

肌触りシルク>>ウール=バンブーレーヨン>コットン
保温性(冬向き)←コットン>>ウール>シルク=バンブーレーヨン→(夏向)
価格シルク>>ウール>コットン>バンブーレーヨン

※肌触り・保温性は編み方などの影響も受けます

以下で素材ごとに有名なおくるみのブランドをご紹介しています。

シルクのおくるみ

シルクは肌触りが圧倒的に良く、肌への負担が極めて少ないです。

値段は高くなりますが、肌が弱い赤ちゃんなどには1番おすすめの素材になります。

おすすめブランド

ウールのおくるみ

ウールもシルクほどではありませんが肌触りの良い素材です。

価格はシルクほどではありませんが、高級感があるためセレブ(英国王室)に使われることもあります。

コットンのおくるみ

コットンは生産量も多く安価なため最もおくるみの素材として一般的です。

手触り、保温性、価格のバランスが良くコスパの良いブランドが多く展開されています。

バンブーレーヨンのおくるみ

バンブーレーヨンは接触冷感があるため暑い夏でも使用しやすいおくるみです。

そのため、各ブランドで夏用として展開されることが多くなっています。

お得情報
スポンサーリンク
とうふをフォローする
おくるみでも寝ない時の強い味方!

おくるみをしても抱っこをしても寝てくれない・・・という時に便利なのが代わりに赤ちゃんを抱っこしてくれるネムリラです。

◎揺らすだけで寝かしつけOK(電動なら自動)
◎キャリーで簡単に動かせるのでどこでも使える
◎簡易なベビーベッド代わりになる

お腹の中に居た時と同じ縦揺れが寝かしつけに良いと言っても疲れます・・・
エルゴの抱っこ紐なら通常の抱っこ紐より肩腰への負担が劇的に軽いので寝かしつけにも有効です。

◎寝かしつけのための縦揺れに楽
◎一人でも着脱可能な作り
◎勿論お出かけ時の利用もOK

赤ちゃんは環境の変化に敏感で一度興奮して泣き始めると中々自分で落ち着くことができません。
そんな時は大人同様、アロマで興奮を抑えリラックスさせると入眠してくれることがあります。

◎エッセンシャルオイルなので安心安全
◎価格がネムリラやエルゴと違い安価

おくるみ万博

コメント

タイトルとURLをコピーしました