Amazonでベビー用品を常に【 15%OFF!! 】で買う方法 ≫

セルフニューボーンフォトはどんなおくるみが良い?【巻き方コツ紹介】

インスタ映えで探す
とうふママ
とうふママ

この記事は以下のような疑問にお答えする内容になっています

・セルフニューボーンフォトにおくるみは必要?

・セルフニューボーンフォトにはどんなおくるみが良い?

・セルフニューボーンフォト撮影でおくるみを巻くコツは?

ニューボーンフォトは赤ちゃんが産まれて間もない頃(生後3週間ごろ)までに撮影することが一般的です。

おしゃれに撮影するためにプロに依頼が一般的ですが、コストや忙しさなどの都合があり、セルフで撮影する人も多いと思います。

そこで、今回はセルフニューボーンフォトにおくるみは必要か、必要ならどんなおくるみが良いか、巻くときのコツ、についてご紹介します。

Amazonでベビー用品を15%OFFで買える?

ベビー用品はおむつ、粉ミルク缶などかさばる物が多いため、Amazonで購入の方も多いと思います。

しかし、Amazon側である「無料登録」をしていないと損しているのをご存知でしょうか?

とうふママ
とうふママ

え!?損してるの!?

とうふちゃん
とうふちゃん

Amazonファミリー」に無料登録すれば安いのにママは損してるです~

詳しいお得情報・特典・使い方はこちらにまとめているので、Amazonを利用する方は要チェックです!!

≫Amazonファミリーの特典・使い方

スポンサーリンク

セルフニューボーンフォトにおくるみはいる?

おくるみ無しでもニューボーンフォト撮影は可能です。

しかし、ニューボーンフォトに使用するグッズの中でもおくるみは比較的安価に準備することができるため用意することをおすすめします。

とうふママ
とうふママ

おくるみを準備しておけば上の写真みたいなニューボーンフォト撮影もできますよ

また、生まれたての赤ちゃんはモロー反射含め動いてしまうため、動きをある程度制限できるおくるみは写真を撮りやすくしてくれます。

とうふちゃん
とうふちゃん

普段はつい動いちゃうけどおくるみされると落ち着くです~

セルフニューボーンフォトに適したおくるみは?

セルフニューボーンフォトを撮影する際にあると重宝するおくるみは下記の3種類です。

厚手おくるみ薄手おくるみ背景おくるみ

全て必ず必要、という訳ではありませんが、準備しておくとプロには及ばずともおしゃれなニューボーンフォトが撮影できます。

それぞれのおくるみが便利な理由と具体的なおすすめおくるみについて詳しくご紹介します。

厚手のおくるみ(ラップ用)

ラップ用の厚手のおくるみは定番ですがあると一気にニューボーンフォトの雰囲気を出せるため、準備をおすすめします。

具体的にはニット生地やフリース生地のおくるみがおすすめで、理由は2つあります。

まず1つ目の理由は、赤ちゃんのボディラインが丸く見え柔らかな印象の写真を撮影できるためです。

新生児の赤ちゃんはまだ体がほっそりしていることが多く、少し骨張った印象を受けますが、厚手のおくるみでくるめばふっくらとした可愛い写真を撮影することができます。

とうふちゃん
とうふちゃん

ほっそりした感じが「新生児らしさ」でもあるのでそうした写真も撮っておくことをおすすめするです~

とうふママ
とうふママ

すぐにムチムチで可愛くなっちゃうからね。あと、厚手おくるみならオムツの形も分かりづらくなる点、嬉しいです。

2つ目の理由は、写真撮影の際、色の統一感を出しやすいという点です。

カラフルな写真も可愛いですが多様な色を組み合わせてバランスの取れた写真を撮影するのは素人には少し難しいです。

しかし、厚手の単色おくるみがあれば+小物1点などを同系統の色で揃えるだけで色の統一感のある写真を撮影することが可能です。

背景おくるみ(下敷き用)

赤ちゃんをおくるみに包んで撮影する際、背景になれるおくるみもあると便利です。

普段使用しているベビーベッドや布団、座布団の上ではどうしても生活感が強く出てしまい、おしゃれなニューボーンフォト撮影は難しくなります。

しかし、下敷き用のおくるみが1枚あればその上に赤ちゃんを寝かせることで生活感の少ない写真を撮ることが可能です。

具体的にはルルジョのおくるみが中心に赤ちゃんを置くと映えるデザインになっているため使い安いです。

おくるみの巻き方【コツ】

次はニューボーンフォト撮影時におくるみを巻くコツをご紹介します。

薄手のおくるみ+厚手のおくるみの2重巻き

先程ニット生地などの厚手のおくるみを準備することをおすすめしましたが、合わせて薄手のおくるみも巻くと綺麗な写真を撮りやすいです。

理由は厚手のおくるみだけだと赤ちゃんの動きですぐはだけたり、ひじやひざなどの部分が目立ち完全に丸みを帯びた見た目になりづらかったりするためです。

薄手のおくるみを巻いてから厚手のおくるみを巻くことでよりはだけにくく、可愛らしいフォルムに仕上げることができます。

具体的にはエイデンアンドアネイなどのおくるみなら普段使いもできる薄手のおくるみのため、便利です。

とうふママ
とうふママ

2重おくるみはその分熱を持ちやすいので春~夏にかけての撮影時は十分注意してくださいね

とうふちゃん
とうふちゃん

室温には気を付けてくださいです~

薄手おくるみはおひな巻き+厚手のおくるみは自由

厚手のおくるみは写真用に自由な巻き方で問題ありませんが、内側に巻くおくるみはおひな巻きがおすすめです。

理由はできあがりが基本巻きよりも丸みを帯びた形状になるためで、ニューボーンを撮るのに適しています。

とうふママ
とうふママ

巻き方はこちらの動画が分かりやすいので参考にしてください

まとめ

・セルフニューボーンフォトにおくるみは必須ではありませんが、下記3点があると可愛い写真を撮りやすくなります。

厚手おくるみ薄手おくるみ背景おくるみ

・セルフニューボーンフォト撮影でおくるみを巻くコツは、薄手のおくるみの上に厚手のおくるみを巻くことです。

インスタ映えで探す
スポンサーリンク
とうふをフォローする
おくるみでも寝ない時の強い味方!

おくるみをしても抱っこをしても寝てくれない・・・という時に便利なのが代わりに赤ちゃんを抱っこしてくれるネムリラです。

◎揺らすだけで寝かしつけOK(電動なら自動)
◎キャリーで簡単に動かせるのでどこでも使える
◎簡易なベビーベッド代わりになる

お腹の中に居た時と同じ縦揺れが寝かしつけに良いと言っても疲れます・・・
エルゴの抱っこ紐なら通常の抱っこ紐より肩腰への負担が劇的に軽いので寝かしつけにも有効です。

◎寝かしつけのための縦揺れに楽
◎一人でも着脱可能な作り
◎勿論お出かけ時の利用もOK

赤ちゃんは環境の変化に敏感で一度興奮して泣き始めると中々自分で落ち着くことができません。
そんな時は大人同様、アロマで興奮を抑えリラックスさせると入眠してくれることがあります。

◎エッセンシャルオイルなので安心安全
◎価格がネムリラやエルゴと違い安価

おくるみ万博

コメント

タイトルとURLをコピーしました