Amazonでベビー用品を常に【 15%OFF!! 】で買う方法 ≫

夏用のおくるみはどれが人気?【選び方+おすすめランキング5選】

季節に合わせて探す
とうふママ
とうふママ

この記事は以下のような疑問にお答えする内容になっています

・夏用のおくるみはどの赤ちゃん用品ブランドが人気?

・夏用のおくるみはどんな点に着目して選ぶべき?

・おすすめの夏用おくるみは具体的にどれ?

おくるみは寝かしつけ時に年中使用したい物ですが、夏になると暑さが気になり使いづらいです。

そのため、夏はどのおくるみにするべきなの?と疑問に思っている方は多いと思います。

そこで今回は、夏用のおくるみどの赤ちゃん用品ブランドが人気なのか、どこに着目すべきなのか、具体的なおすすめはどれか、の3点についてご紹介します。

とうふちゃん
とうふちゃん

オールシーズンの人気おくるみランキングはこちらです~

Amazonでベビー用品を15%OFFで買える?

ベビー用品はおむつ、粉ミルク缶などかさばる物が多いため、Amazonで購入の方も多いと思います。

しかし、Amazon側である「無料登録」をしていないと損しているのをご存知でしょうか?

とうふママ
とうふママ

え!?損してるの!?

とうふちゃん
とうふちゃん

Amazonファミリー」に無料登録すれば安いのにママは損してるです~

詳しいお得情報・特典・使い方はこちらにまとめているので、Amazonを利用する方は要チェックです!!

≫Amazonファミリーの特典・使い方

スポンサーリンク

夏用のおくるみの選び方(チェックポイント)

まずは夏に使うおくるみを選ぶ際に必ず留意しておくべき事を3つご紹介します。

夏の暑さの下でも使える「素材・生地」

普通の生地のおくるみでは、室内でも赤ちゃんは暑がってしまうことが多いです。

そのため、少しでも涼やかに感じられる素材や生地のおくるみを選ぶ事が必要になります。

具体的には、生地が薄手な事に加え、接触冷感を持つバンブーレーヨン製などがお勧めです。

(※もちろん真夏の30度の室内でおくるみは使用できないので、冷房は必要です)

とうふママ
とうふママ

おくるみの素材何て全然分からない!という方はこちらをどうぞ

生地が薄いだけではダメ「機能性」

夏用おくるみだけでなく、全てのおくるみに言えますが、ただ涼しいだけでなく機能性も大事です。

機能性と言っても様々ですが、具体的には「くるみやすさ」「着たままのおむつ交換可否」などです。

いくら涼やかに過ごせるおくるみでも、使いづらいおくるみはおすすめできません。

涼しさと機能性だけじゃない「可愛さ・おしゃれさ」

涼しさや機能性に比較すると優先度は下がりますが、夏用おくるみには可愛さやおしゃれさも重要です。

可愛くない(おしゃれでない)おくるみでは、折角赤ちゃんの写真を撮ってもあまり映えません。

次の項目で涼しさ・機能性・可愛さを併せ持つおくるみを紹介しますので参考にしてください。

夏用のおくるみ人気おすすめ5選

涼しさ、機能性、可愛さ(おしゃれさ)を兼ね備えた冬用おくるみを5つご紹介します。

1.スワドルアップ(バンブーライトシリーズ)

涼しさ(4)機能性(5)可愛さ/おしゃれ(3)
★★★★☆★★★★★★★★☆☆

1つ目は、ファスナー式でくるみやすいスワドルアップの夏用(バンブーライト)です。

生地自体が薄手なことは勿論、素材はバンブーレーヨン95%のため、接触冷感があります。

そのため、夏でも冷房環境下ならおくるみとして使用することが可能です。

また、スワドルアップはくるみやすいだけでなく、着用したままおむつ交換も可能です。

店頭販売はあまりありませんが、Amazonとヤフーで正規品を購入することができます。

毎年、夏前しか在庫が補充されないため、在庫ありで見つけた場合はラッキーです。

とうふちゃん
とうふちゃん

スワドルアップについて詳しくはこちらです~

2.エイデンアンドアネイ(シルキーソフト)

涼しさ(4)機能性(4)可愛さ/おしゃれ(5)
★★★★☆★★★★☆★★★★★

2つ目は、エイデンアンドアネイが夏用のおくるみとして販売しているシルキーソフトです。

サイズは120cm×120cmの1枚布タイプで、素材はバンブーレーヨンのため、接触冷感があります。

また、エイデンアンドアネイは柄の種類が豊富なため気に入る可愛い柄を見つけられる可能性が高いです。

しかし、1枚布タイプのためくるんだままのおむつ交換などはできません。

とうふママ
とうふママ

エイデンアンドアネイはこちらで詳しく紹介しています

3.スワドルデザインズ(マーキゼット スワドル)

涼しさ(5)機能性(4)可愛さ/おしゃれ(5)
★★★★★★★★★☆★★★★★

3つ目は、スワドルデザインズが夏用おくるみとして販売しているマーキゼットスワドルです。

マーキゼットは「からみ織り」を意味し、他おくるみで一般的な平織りより隙間が多い編み方です。

(目に見えて隙間だらけではありませんのでご安心ください)

生地の隙間が多い分、通気性が高く、夏でもおくるみとして使いやすくなっています。

また、マーキゼットタイプのおくるみは他のおくるみブランドにはほぼなく、とても貴重です。

とうふちゃん
とうふちゃん

スワドルデザインズが気になる人はこちらです~

4.ウィーゴアミーゴ(スーパーソフトモスリン)

涼しさ(5)機能性(4)可愛さ/おしゃれ(3)
★★★★★★★★★☆★★★☆☆

4つ目は、ウィーゴアミーゴが夏用おくるみとして販売しているスーパーソフトモスリンです。

サイズは120cm×120cmの1枚布タイプでバンブーレーヨン70%のため少し接触冷感があります。

サイズと素材はエイデンアンドアネイとほぼ同じですが、ウィーゴアミーゴの方が若干生地が薄いです。

また、柄の種類がウィーゴアミーゴは4種類しかないため、可愛さ/おしゃれさで少し劣ります。

しかし、価格が2,000円/1枚と他と比べてかなり安いことが特徴です。

とうふママ
とうふママ

weegoamigoについて詳しく記載した記事はこちらからどうぞ

5.ココムーンのおくるみ

涼しさ(4)機能性(4)可愛さ/おしゃれ(5)
★★★★☆★★★★☆★★★★★

5つ目は、ココムーンが販売しているおくるみです。

ココムーンはハワイを中心に展開しているブランドのため、全おくるみがバンブーレーヨン素材です。

そのため、どの柄を購入しても接触冷感がある120cm×120cmサイズのおくるみになっています。

また、ココムーン最大の特徴は可愛らしいハワイアンな柄です。

あまりメジャーなブランドではないため、人と被りにくい可愛いおくるみが欲しい方におすすめです。

とうふちゃん
とうふちゃん

可愛いココムーンのおくるみはこちらで説明しているです~

コメント

タイトルとURLをコピーしました