夏用おくるみはコチラから! ≫

ガーゼおくるみが良いって本当?【特徴・メリット・デメリット】

PR
選び方・比較
★おくるみについて最低限の知識まとめ★

【素材・種類】おくるみ学習はこちら

この記事は以下のような疑問にお答えする内容になっています。

・ガーゼおくるみが良いらしいけど、ガーゼって素材のこと?生地のこと?

・ガーゼおくるみにはどんなメリット・デメリットがあるの?

・具体的におすすめのガーゼおくるみはどれ?

おくるみは様々な素材・織り方で作られており、その中の1つがガーゼおくるみです。

このガーゼおくるみ、名前は聞いたことがあるけどどんな物が詳しくは知らない、という方が多いと思います。

そこで今回は、ガーゼは何か、ガーゼおくるみのメリット・デメリット、具体的なおすすめガーゼおくるみ、についてご紹介します。

素材ごとのおくるみ紹介はこちら↓

  1. 赤ちゃんが動き出したらリスク有り!
  2. 賃貸でもOK!事故前に対策できる

ガーゼとは?どんなメリットが?

まずはきちんと選べるようにガーゼについて正しい知識を軽くつけておきましょう。

ガーゼは素材の名前でなく生地の名前

繊維の素材にはコットン、麻、シルクなど様々な種類があります。

ガーゼはコットン素材であることが多いですが、麻など他の素材でも作ることが可能です。

この理由は、ガーゼが素材ではなくあくまで生地の名前だからです。

厳密には緩めねじり上げた糸をふんわりと平織りし、色抜きした柔らかい布地をガーゼと言います。

ガーゼのメリット

ガーゼのメリットは糸と織り方双方が緩いため通気性・吸湿性が極めて高いことです。

そのため、ガーゼ生地の衣服はとても涼しく汗も吸収し逃がしてくれるため夏にピッタリです。

しかし、ガーゼ生地は暑い季節だけの物ではありません。

マスクなどによく用いられるように何重にも重ねた生地にすることで通年で使用も可能です。

ガーゼおくるみのメリット・デメリットは?

次はガーゼを生地を使用したおくるみの良い点・悪い点をご紹介します。

ガーゼおくるみのメリット

ガーゼおくるみのメリットは大きく2つあります。

1つ目のメリットは通気性の高さから夏でもある程度使用可能なことです。

通常のおくるみだと夏は冷房環境でも暑さできれない場合が多くあります。

しかし、通気性の高いガーゼおくるみなら問題なく使えることも多いです。

2つ目のメリットは簡単に洗える物が多いことです。

おくるみは素材や織り方によってはデリケートで手洗いが必要な物も多く存在します。

しかし、ガーゼおくるみはしわが寄っても気にならないなら洗濯機で問題なく洗えます。

ガーゼおくるみのデメリット

ガーゼおくるみには大きなメリットもありますが、少しデメリットもあります。

1つ目のデメリットは、秋冬はガーゼおくるみだと寒いことです。

暖房や布団で少し調整することはできますが、積極的にはおすすめできません。

暖房は乾燥、布団のかけ過ぎは重さで苦しくなる場合があるためです。

2つ目のデメリットは、簡単にくるめるデザインのおくるみが無いことです。

スワドルミーやスワドルアップなど構造上くるみやすい物がガーゼおくるみには現状ありません。

具体的におすすめのガーゼ生地のおくるみは?

次はおすすめのガーゼ生地のおくるみをブランド別にご紹介します。

エイデンアンドアネイのガーゼおくるみ

エイデンアンドアネイはニューヨーク発のおくるみブランドです。

扱っているおくるみはほぼ全て薄手ガーゼ生地のためどれを選んでも問題ありません。

特徴は他のおくるみに比べて手触りが良くサイズが大きいことです。

おくるみとして以外にもブランケットとしても活用できます。

ウィーゴアミーゴのガーゼおくるみ

ウィーゴアミーゴはオーストラリアのリトルリネンカンパニーが展開するベビーブランドです。

日本では最近楽天市場などで扱われ始めましたがコスパの高さから人気を得ています。

また、洗濯機でも洗えるため気軽に使用、購入できるのもメリットです。

ただ、他のガーゼおくるみに比べてもかなり薄手なので注意してください。

モダンバーラップのガーゼおくるみ

モダンバーラップはアメリカテキサス発のブランドおくるみです。

特徴はガーゼ生地の柄がモノトーンで統一されており北欧風なイメージになっていることです。

シンプルなデザインのためおしゃれなガーゼおくるみを探している場合嬉しい商品になっています。

また、価格もウィーゴアミーゴほどではありませんが安価なためおすすめです。

最高品質の日本製ガーゼ生地おくるみはこちら↓

まとめ

・ガーゼおくるみは通気性・吸湿性に優れたガーゼ生地を使用したおくるみのことです。

・ガーゼおくるみのメリットは①夏でも使用可能②洗濯機もOK、デメリットは①秋冬は寒い②くるみやすい構造のおくるみがない、という点です。

・具体的におすすめのガーゼおくるみは、エイデンアンドアネイウィーゴアミーゴモダンバーラップなどです。

★おくるみについて最低限の知識まとめ★

【素材・種類】おくるみ学習はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました