全員にベビーグッズ無料プレゼント!? ≫

【口コミ・レビュー】スワドルアップを使って感じたメリット・デメリット

スワドルアップ

・スワドルアップ(ステージ1・オリジナル)の実際の口コミが知りたい

・なぜおくるみの中でもスワドルアップを選んだの?

・実際に使ってみての感じたスワドルアップのメリットとデメリット

とうふママ
とうふママ

このページでは上記のような疑問にお答えする口コミ・レビューをご紹介します

おくるみは整形済おくるみから1枚布おくるみまで様々なメーカーが数多くの商品を取り扱い中です。

そのため、どのおくるみにしよう…スワドルアップが良いと聞くけど迷う…という方も多いと思います。

そこで、このページでは実際にスワドルアップ(オリジナル・ステージ1)の口コミをメリットやデメリットも交えつつご紹介します。

≫夏向けおくるみココムーンの口コミ

≫人気おくるみエイデン&アネイの【18人分】

とうふちゃん
とうふちゃん

今回の口コミ・レビューは2児のママ「orutan2022」さんからいただいたです〜

orutan2022さん
  • 西日本在住の2男4女のパパさん
  • 豊富な育児に関する経験から本当に役立つと感じたベビーグッズを紹介してくれています

スワドルアップ(オリジナル)を選んだ理由

私がスワドルアップを買おうと思った理由は、「モロー反射と夜泣き対策にいい」という評判を見つけたからです。

上の子たちが産まれて間もない頃はほぼ全員、モロー反射と夜泣きに本当に苦戦しました。

≫モロー反射について詳しい解説はコチラ

せっかく寝室で寝かせても、ドアが閉まる音やトイレの水を流す音に反応するのかモロー反射が起き、その後泣き出すんです。

1番敏感だったときは、私のパジャマのファスナーを閉める音・夜中のちょっとした寝返りのベッドがきしむ音だけで、モロー反射で起きていました。

せっかく長時間かけて寝かしつけても、すぐに起きて泣き出す毎日が生後5ヶ月ごろまで続きました。

睡眠不足もあって「やっと寝たのに、どうしてすぐに起きるの!?」と、泣いている赤ちゃん相手にイライラしてしまい、体力的にも精神的にも本当に大変でした……。

しかし、スワドルアップを利用してそんな状況が劇的に改善しました。

とうふママ
とうふママ

どう改善したのか詳しくは次項のメリットの部分で紹介してもらいますね

スワドルアップを使ってみて感じたメリット(口コミ・体験談)

ネットで注文し届いたその日から使い始め、実際に感じているメリットをまとめると大きく3つになります。

実際に感じたメリットです
スワドルアップのメリット
  1. 本当に夜中に起きる回数が減った!
  2. 包む動作がとても楽&崩れない
  3. 着用したままおむつ交換できる

スワドルアップで夜中に本当に起きなくなった

個人差はあるんだろうな、と思っていたのですが我が家の娘は本当に夜中に起きる回数が減少しました!

スワドルアップを使い始める前と比べると、かなり夜泣き出す回数が減り、それまで1〜2時間前後だった連続睡眠時間が長いときだと、3〜5時間にまで伸びました。

上の子は生後5ヶ月ごろまで本当に、1時間に1回ほど起きていましたが、その生活がウソのようです。

とうふちゃん
とうふちゃん

個人差はあると思うですが劇的な睡眠時間の伸びです〜

スワドルアップは着用が本当に楽

エイデン&アネイのような1枚布おくるみと違い、スワドルアップは肌着・服の上から着せるだけなので、本当に楽ちんです。

まず足から入れ、次に腕を入れて、前に付いているファスナーを上げるだけで完成。

慣れれば、10秒くらいでできます。フォルムもヒトデみたいな形になって、かわいらしいです(笑)。

≫ヒトデ型(星型)の可愛いおくるみまとめ

全身がぴったり包まれて密着していることで、赤ちゃんは安心して眠れるそうですが、まさに写真の通りスワドルアップはピッタリという感じです。

また、このピッタリ感がモロー反射を抑えこんでくれるのか衝撃が赤ちゃんに伝わりづらく、結果的に目が覚めにくいのかと感じました。

とうふママ
とうふママ

モロー反射自体は起きるそうですが動きが格段に少なく小さいそうですよ

全身をぴったり包んで赤ちゃんが動かないようにするだけなら、普通の1枚布おくるみでもできますが、高確率ではだけます。

今まではなかなか朝までおくるみした状態を保てず苦戦しましたが、スワドルアップは全くほどけることはなかったです。

スワドルアップは着たままおむつ替えできる

スワドルアップは下記画像のようにファスナーが2つ付いているのがポイントで、下からも上からも開けることが可能です。

そのため、下から開けば赤ちゃんの下半身だけ出すことができ、おくるみをほどくことなくオムツ替えができます

全部脱がせる必要がないので、赤ちゃんが眠っているときも、さっとおむつ替えを済ませられてとても便利でした。

スワドルアップを使ってみてのデメリット(口コミ・体験談)

スワドルアップの性能や機能自体はここまで挙げた通り満足いくものだったのですが、他の部分で少し気になった点(デメリット)を紹介します。

他のおくるみと比べるとやや高い

定価で4000円以上と、通常のおくるみなどと比べると、それなりに値段が高めになっています。

我が家では洗い替え用も含めてスワドルアップを2着購入しましたが、やっぱりちょっとお高いという感覚は否めません。

とうふちゃん
とうふちゃん

お値段は気になるですね…似た機能のもっと安いおくるみをコチラにまとめているので参考にしてみて欲しいです〜

≫価格比較!スワドルアップに似たおくるみ一覧

スワドルアップは使用可能期間が短い

スワドルアップ(ステージ1)は、新生児から使えるのですが使用可能時期は短めです。

≫スワドルアップのステージごとの使用時期

生後4〜5ヶ月ごろになるとステージ1を卒業する必要があり、その後用のステージ2もありますが、買い替えを頻繁にしないといけないのは、ちょっとデメリットだな…と思いました。

≫スワドルアップステージ2とは?使用時期は?

【口コミ・体験談】スワドルアップを使って感じたメリット・デメリットのまとめ

スワドルアップのデメリットも紹介しましたが、本当に商品そのものを使っているときに感じる使用感の悪さはほぼほとんどありません。

お値段が高いのは事実ですが、その機能性は十分それに見合うものになっていると感じています。

何より、新生児の大変な時期に安心して夜眠れることを考えると、決して高い買い物ではないと思います。

スワドルアップ(オリジナル)は、夜中、赤ちゃんがすぐに起きてしまうことに悩んでいる人、多少費用はかかっても、夜安心してゆっくり眠りたいと思っている人に是非使って欲しいです。

私がスワドルアップを使ってみて、一番得られたのは気持ちの余裕です。赤ちゃんがなかなか寝てくれない。寝かしつけてもすぐ起きて泣き出す。こういった状態が続くのは、体力的にも精神的にも辛いです。

上記のような悩みを抱えている人は、スワドルアップを一度お試しください。

≫スワドルアップのサイズ・ステージ選び方

タイトルとURLをコピーしました