夏用おくるみはコチラから! ≫

寝かしつけ役立ちグッズ【オルゴール・クッション編】

ネントレ
とうふママ
とうふママ

このページは以下のような疑問にお答えする内容になっています

・寝かしつけに役立つグッズはどのようなジャンルがある?

・寝かしつけグッズといってもそれは何ヶ月〜何歳までに使える?

・具体的におすすめな寝かしつけグッズと注意点は?

赤ちゃんの多くは新生児の頃は1日のほとんど眠っている状態ですが、成長と共に少しずつ眠りのリズムが変化します。

そのため、どうしたら眠ってくれる…?と「寝かしつけ」に悩む人も多いと思います。

まず知っておいて欲しいことは「寝かしつけ方法に共通絶対の正解はない」ということです。

とうふちゃん
とうふちゃん

正解無いんです〜?

とうふママ
とうふママ

みんなそれぞれ・その時で違うから「沢山の寝かしつけ手段」を試すことが大事なんだよ!

そこで、このページでは幅広く、沢山の寝かしつけに役立つグッズを紹介していきます。



寝かしつけグッズ⑩オルゴール

まずはリラックス効果のある音色の代表であるオルゴールからご紹介します。

オルゴールが寝かしつけに良い理由

音楽の中でも、高周波を多く含むオルゴールの楽曲は、自律神経を整える効果があり、よりリラックスできるとされています。

赤ちゃんは、音の中でも比較的「高音」を好む傾向があるので高音かつ優しい音色のオルゴールは寝かしつけにピッタリです。

とうふママ
とうふママ

男性より女性の声の方に反応しやすいのも高音を好む傾向のためと言われています

寝かしつけにオルゴールを使う時の注意点

CDなど実際のオルゴールではなく打ち込みの楽曲でも問題ありませんが、テンポには注意しましょう。

1分間に60~80くらいのテンポが、赤ちゃんにとって良いテンポとされています。

とうふちゃん
とうふちゃん

ママの胎内音(心臓の鼓動)のテンポに近いらしいです〜

本物のオルゴールは構造的にあまり速いテンポの物はありませんが、打ち込みの楽曲だと稀に早すぎる物が存在しますので注意してください。

寝かしつけのオススメのオルゴール

ここからは具体的に、おすすめのオルゴールをご紹介します。

手回しオルゴールで聴く 東京ディズニーシー~マジカルセレクション~

東京ディズニーシー人気アトラクションのテーマ曲等のオルゴールCDです。

オルゴール師がアレンジ、本物のオルゴールを手回しして録音されているため限りなく本物に近い音色になっています。

リズミカルなディズニーの楽曲をしっかりゆったり目のテンポに落とし込んでくれているため、寝かしつけに使いやすいです。

とうふママ
とうふママ

下に30日間限定ですが無料で聴く方法を紹介しているので購入前のお試しをおすすめします。

このCDを無料で試す方法

Amazon Music Unlimitedの中に含まれているため、既に会員の方は無料で利用できます。

また、まだ会員でない方も登録から30日の間に解約まですれば無料で全曲を聴くことが可能です。

オルゴールねむりくま

テディ・ベアの大御所メーカーであるドイツ・カリスト社が販売しているくまのぬいぐるみタイプのオルゴールです。

表面はオーガニックコットン、内側には羊毛100%が詰まっており、全て手作業で1つ1つ丁寧に作られた安心安全の品質となっています。

また、内蔵されているオルゴールには防水加工が施されている為、手洗いはもちろん、洗濯機の使用も可能です。

ブランド物のため価格は高くなりますが、一生物のオルゴール(テディベア)になりますのでおすすめです。

寝かしつけグッズ⑪クッション

次は低月齢の時に特に活躍する寝かしつけグッズであるクッションについてご紹介していきます。

クッションが寝かしつけに良い理由

ズバリ、背中スイッチの作動確率の低下に繋がる可能性があるためです。

背中スイッチ

あまり聞いたことが無い方向けに説明すると、赤ちゃんを布団におろした瞬間に泣きだしてしまうことです。

まるで下ろしたことを感知するボタンが背中についているような様子から、「背中スイッチ」と呼ばれるようになっています。

赤ちゃんはお腹の中で丸い姿勢で育ち、背中が少し丸まったCカーブの姿勢で生まれてきます。

そのため、平らな布団等に寝かせると赤ちゃんの丸い背中は違和感や不快感を感じ、背中スイッチがONになり泣いてしまうことがあるのです。

赤ちゃんにとって、背中が丸い状態が一番自然で楽な姿勢であり、この形をつくってくれるクッションなら寝かしつけの強い味方になってくれます。

寝かしつけにクッションを使用する時の注意点

低月齢の赤ちゃんに使用する(乗せる)クッションは必ずうつぶせになりにくいタイプにすることが重要です。

Cカーブを意識したクッションならあまり心配はありませんが、乗せてからしばらくは赤ちゃんの様子を必ず見ておくようにしましょう。

寝かしつけにオススメのクッション

ここからは具体的におすすめの寝かしつけ用クッションをご紹介します。

Cカーブ授乳ベッド おやすみたまご

おやすみたまごは赤ちゃんの寝かしつけを目的に助産師さんの協力の元つくられた日本製のビーズタイプクッションです。

赤ちゃんのCカーブの丸い姿勢がキープでき、かつ埋もれることがないよう、しっかりと安全性と安定性の両面を考えて設計されています。

また、個々の姿勢にフィット・優しく丸く包み込むことができるようとても細かいビーズを採用しています。

とうふママ
とうふママ

イメージはヨギボーですがもっと優しい作りになっています

ねんねクッション mayu-マユ-

「mayu」は、眠って時を過ごす糸のゆりかご「繭」から名前をとった赤ちゃん用ねんね綿クッションです。

おやすみたまご程の厚みはありませんが、Cカーブを意識した作りになっているため上手く赤ちゃんを寝かせることができます。

また、コンパクトで軽いためクッションごと抱っこや丸洗いもできるため、使いやすい作りになっています。

とうふちゃん
とうふちゃん

外出時には一時的なおやすみスペースとしても使えるです〜

タイトルとURLをコピーしました